元日本代表のエディ・ジョーンズがオーストラリアのヘッドコーチに就任

ラグビーオーストラリアは、月曜日にエディ・ジョーンズをヘッドコーチに任命し、元イングランドと日本のボスが次の2つのワールドカップを担当しました.

1月末に発効する彼の任命は、フランスで開催される2023年ラグビーワールドカップの開始まで8か月足らずで行われます。

エディ・ジョーンズ。

この 62 歳のオーストラリア人は、2 度の世界​​チャンピオンであるワラビーズの不振を受けて、同日に解任が発表されたニュージーランド人のデイブ レニーの後任となります。

先月イングランドに解任されたジョーンズは、2003年にオーストラリアを母国でのワールドカップ決勝に導いた.

彼は、2015 年のトーナメントでの南アフリカに対する「ブライトン ミラクル」の象徴的な勝利を含む、Brave Blossoms を担当する成功したシーズンに続いて、2019 年のワールドカップ日本大会でイングランドを 2 位に導きました。

ジョーンズは声明の中で、「オーストラリアに戻り、自国をラグビーワールドカップに導くことができる素晴らしい機会です。

世界ランキング6位のオーストラリアは、9月8日に開幕するワールドカップでジョージア、フィジー、ウェールズ、ポルトガルと対戦する。

ジョーンズはまた、5年契約の下でオーストラリアの女子代表チームを監督する.


関連記事:

ラグビー: RWC 2023 は広く開かれており、「これまでで最も魅力的な」ものになるだろう、とエディ・ジョーンズは言う

ラグビー: エディ・ジョーンズは、オーストラリアか日本でキャリアを終える可能性があることをほのめかしている

ラグビー:イングランドはワールドカップから9か月でヘッドコーチとしてジョーンズを解任


元日本代表のエディ・ジョーンズがオーストラリアのヘッドコーチに就任

Source#元日本代表のエディジョーンズがオーストラリアのヘッドコーチに就任

Leave a Comment