係争中の島で発見された沈没した遊覧船の女性の遺体

海上保安庁によると、北海道沖で沈没した観光船の行方不明者の一人と思われる女性の遺体が、ロシアが支配する日本領土の4つの島の1つである国後島に漂着しているのが発見された。

沿岸警備隊によると、ロシア当局から火曜日に提供された情報によると、遺体は5月6日に発見された。 ボートが行方不明になった5日後の4月28日以降、12人の乗客は不明のままで、何も見つかりませんでした。 14人が死亡していることが確認されています。

沿岸警備隊によると、身元確認につながる身の回り品がなかった遺体は、島の病院に運ばれた。

悪天候警報にもかかわらず、北海道斜里町を出港した後、4月23日に行方不明になった19トンのカズIは、24人の乗客と2人の乗組員を乗せていました。 4月29日、北海道沖の海底で発見された。

北方領土国後島で女性の遺体が今月6日にていたしたガました。家部ますと、今月6日に北方の国後島の西岸女性の遺体がさせとたしから10日に結婚するしいしたた。おら、上身元にいい所持品なしと良いことです一一管本部は知床半島の襲船沈没しの行方上者とののないないててています。。-Annnewsch







係争中の島で発見された沈没した遊覧船の女性の遺体
Source#係争中の島で発見された沈没した遊覧船の女性の遺体

Leave a Comment