任天堂の相続人が本社を改装したホテル周辺の京都活性化プロジェクトに注目

任天堂の創設者である山内家は、レストランやアートギャラリーなどを狙って、京都にある同社の旧本社周辺を再開発します。

家族は、3,000平方メートルに及ぶエリアの改修のために土地と建物を取得しました。 市内下京区のメートル。 本社自体は、今年4月にオープンしたばかりの丸福樓ホテルになりました。

2025年に開始される予定のプロジェクトの詳細の多くは未定のままです。 「私たちは貢献したい [the area’s] 地元住民との対話による活性化」と語った。

まるふくろの隣にゲストと他の人が交流できるスペースや、近くの梅湯サウナの隣に顧客が長居できる場所などが検討されています。 サロンは、アーティストや起業家が集まる場所としても構想されています。

特定の施設の時間枠は設定されていません。 バンジョー山内のプロジェクトの期間は2050年まで延長されます。

「スペインのサグラダファミリアのように、私たちは人々のニーズに応じて少しずつ完成に向けて動きたいと思っています」と彼はバルセロナの有名な未完成の大聖堂に言及して言いました。







任天堂の相続人が本社を改装したホテル周辺の京都活性化プロジェクトに注目
Source#任天堂の相続人が本社を改装したホテル周辺の京都活性化プロジェクトに注目

Leave a Comment