今のところ厳格な国境管理を維持する日本:岸田首相

岸田文雄首相は、新しいコロナウイルスのオミクロン変異体に対する不確実性の中で、日本は「当面」厳格な国境管理措置を維持すると述べた。

岸田文雄氏は記者会見で、日本はオミクロンのコミュニティへの広がりは見られなかったが、追加免疫投与の開始を加速し、経口投与されたCOVID-19薬を促進することによって準備を強化する必要があると述べた。

岸田文雄首相が2021年12月21日に東京で行われた記者会見で講演。(共同通信)

COVID-19に感染していることが判明したすべての人は、日本でオミクロン変異体について検査されると彼は述べた。

政府は、海外からの外国人の新規入国を禁止し、日本人および帰国外国人は政府指定の施設で隔離されることを要求しています。

岸田文雄氏は、16日間の臨時国会後の記者会見で、「オミクロンの伝染性と重症度(それによって引き起こされる病気)に関する科学的評価はまだ確立されていない」と述べた。

岸田文雄氏は、「当面、現在の国境管理措置(11月下旬に実施)を延長することを決定した」と述べた。

政府は接種キャンペーンを強化し、医療従事者と高齢者を優先して、COVID-19ワクチンの3回目の注射を行っています。

一方、政府は、米国の製薬会社Merck&Co。から経口投与されたCOVID-19治療薬を、年末までに日本で、競合他社のPfizerInc。から年初に入手できるようにすることを目指しています。2022年。

オミクロンの蔓延の可能性について懸念が高まっているにもかかわらず、日本ではCOVID-19の症例が急激に減少しています。

10月に首相に就任した岸田文雄氏は、ウイルス対策を優先している。

岸田文雄氏は、富の再分配を推進するための要件である賃金上昇について、「可能な限りのツール」を使って賃金上昇の環境を整えるべきだと述べ、中小企業が賃金を引き上げられるようにするだろうと付け加えた。

COVID-19のパンデミックにより世界の指導者と直接会うことが困難になった後、岸田は記者会見で来年外交を強化したいと述べた。

「私は早い時期に米国大統領(ジョー)バイデンと話し合いたい」​​と彼は言い、彼が米国を訪問するための準備はまだ行われていると付け加えた。

「彼と直接会い、共通の課題について意見を共有し、信頼できる個人的な関係を築くことは非常に重要です」と彼は付け加えました。

。今のところ厳格な国境管理を維持する日本:岸田首相

Source#今のところ厳格な国境管理を維持する日本岸田首相

Leave a Comment