京都美術館に展示されているマンガの中からタイ、中国、イスラエルの作品

京都国際マンガミュージアムでは、政府主催の外国人漫画家国際漫画賞15周年記念展が開催され、これまでの15人の受賞作品が展示されています。

展示会の来場者は、3月28日まで開催されるイベントで、元の言語の作品を手に取って見ることができます。

京都国際マンガミュージアムの会場には、展示作品のタイトルや作者を掲載した世界地図が掲載されています。

この賞は、その年の最優秀作品にゴールデン賞を授与し、シルバー賞とブロンズ賞を授与し、日本のマンガ文化を促進するために2007年に開始されました。 選考委員会には、里中満智子などの日本の漫画家や元編集者が参加しています。

昨年の第15回受賞は、76の国と地域から過去最高の484件の応募がありました。

金賞受賞者のうち、タイから3名、中国、香港、イスラエルからそれぞれ2名、フランス、オランダ、台湾、コロンビア、モンゴルからそれぞれ1名が続きました。 1つの作品はスペインとアメリカのアーティストによって共同執筆されました。

最初の受賞者は、「孫子」の作者として名を馳せている古代中国の将軍、孫子の生涯を描いた香港の李志清でした。

モンゴルのNambaralErdenebayarは、遊牧民の母親と息子の絆の物語で8番目の賞を受賞しました。

オランダのエイメ・デ・ジョンによる最新の受賞作品「Days of Sand」は、米国の大恐慌の間に農民の苦しみを伝えようとした現実の写真家の闘いを特集しています。

写真は第15回ゴールデン賞を受賞した「DaysofSand」。

他の作品のテーマには、スポーツと愛が含まれます。

「言葉がわからなくても、写真を見ているだけで楽しめます」と美術館のスタッフは語った。

京都新聞


関連する報道:

京都神社が2年ぶりに「けまり」サッカーゲームを開催

舞妓、京都の芸者パフォーマーが新年の準備をします

京都で開催中の「カエデの葉トンネル」ライトアップイベント


。京都美術館に展示されているマンガの中からタイ、中国、イスラエルの作品
Source#京都美術館に展示されているマンガの中からタイ中国イスラエルの作品

Leave a Comment