京都で準備中の歌舞伎看板

京都 – 歌舞伎役者のオールスターが出演する毎年恒例の年末イベントに向けて、京都では歌舞伎公演用のユニークな垂れ幕の準備が進行中です。

書道家の井上玉成さんは、明傳寺の1.8メートルの「招き」に歌舞伎のトップアーティストの名前を太字の「官帝流」で書いています。

明傳寺の看板準備中。

12月4日から25日まで京都・南座で行われる歌舞伎「顔見世興業」のオープニングには、人間国宝の片岡仁左衛門をはじめ、中村鴈治郎、片岡愛之助、中村獅童ら大物が出演する。

井上さんは「年末のプログラムに多くの人が集まり、京都が元気になることを願っている」と語った。

今年の「顔見世興業」の会期は、過去2年と同様、新型コロナウイルスのパンデミック前よりも5日間少ないが、劇場のほぼすべての座席は、使用を50〜60%に制限した後、2年間で開く. . 前。

看板は11月25日に劇場前に設置される。

京都で準備中の歌舞伎看板

Source#京都で準備中の歌舞伎看板

Leave a Comment