井上直哉日本人がリングのパウンドフォーパウンドランキングで1位

金曜日の井上直哉は、有名なリングボクシング誌が発行したパウンドフォーパウンドランキングでトップに立った最初の日本人ボクサーになりました。

井上は火曜日のバンタム級世界タイトル統一試合でフィリピンのノニトドネアを2回目のテクニカルノックアウトで破り、日本から初めて体重別階級の3つの異なる制裁機関から世界タイトルを獲得したボクサーになりました。

日本の井上直哉(L)は、2022年6月7日、東京近郊の埼玉県のさいたまスーパーアリーナで行われたWBA、WBC、IBFのバンタム級ボクシングタイトル統一試合の第2ラウンドで、フィリピンのノニトドネアにパンチを放ちます。

井上は、パウンド・フォー・パウンドの地位を突破した後、「日本人がこれまで到達したことのない場所に来た」とツイートした。

雑誌のパネルは、「モンスター」というニックネームで呼ばれる29歳の女性を、ウクライナの統一ヘビー級タイトル保持者であるオレクサンドル・ウシクを縁取って、トップの5-4に投票しました。

井上は前回のランキングで3位だったのに対し、前回のランキングで2位だった。

さいたまスーパーアリーナでドネアに勝利した後、井上は、今年の戦いが実現できれば、4番目のバンタム級タイトル、現在英国のポールバトラーが保持しているWBOの王冠を追加することを目指していると述べた。

20ノックアウトで完璧な23-0の記録を誇るWBA、IBF、WBCのチャンピオンは、4位で世界タイトルを獲得することを目指して、それが実現しない場合は、ディビジョンを上げてスーパーバンタム級で戦うと述べた重量カテゴリ。

リングによると、PFPランキングは1989年に導入され、アメリカのヘビー級優勝者であるマイクタイソンとフィリピンの6部門優勝者であるマニーパッキャオを以前のトップランクに数えています。


関連する報道:

ボクシング:井上TKOドネア第2ラウンド、3つのバンタム級タイトルを統合

ボクシング:「モンスター」井上目大ヒットドネア再戦で3ベルト


。井上直哉日本人がリングのパウンドフォーパウンドランキングで1位
Source#井上直哉日本人がリングのパウンドフォーパウンドランキングで1位

Leave a Comment