主要企業の 42% が、物価上昇で日本経済が減速すると考えている

日本の大手企業の約 42% が、商品価格の高騰と円安に対処するのに苦労しているため、今後 12 か月間に国内経済が減速すると予想しており、1 年前のわずか 5% から増加したことが、共同通信の調査で明らかになった。 .

トヨタ自動車やソフトバンクグループを含む114社を対象とした調査によると、日本の優良企業は日本の経済見通しについてますます悲観的になっており、年初の12%から上昇している.

一方、日本経済が拡大すると考える人は、1 年前の 90% から 55% に低下し、今年は 84% に低下しました。

2021 年 11 月に撮影されたファイル写真は、東日本の千葉県にある原油と石油製品の貯蔵タンクを示しています。 (経堂)

複数回答可の場合、83%が商品価格の上昇による悪影響を理由に経済が減速すると予想し、58%が成長の鈍化または個人消費の減少を予測しています。

約 56% は、米ドルおよび他の主要通貨に対する円安が経済に悪影響を与えると述べています。

ロシアのウクライナ侵攻がサプライチェーンの制約をさらに悪化させている一方で、各国が経済を再開しようとしているため、世界的な需要の高まりにより、原油と商品の価格が歴史的な高値にまで押し上げられています。

さらに、日本通貨はここ数か月で米ドルに対して自由落下しており、先月、日米間の金融政策のアプローチが対照的である中、139 ゾーンで 24 年ぶりの高値を記録しました。

米国連邦準備制度理事会は、景気後退のリスクがある 40 年間の高インフレと戦うため、積極的な利上げを推進してきましたが、日本銀行は超緩和的な金融政策を維持しています。

7月中旬から下旬にかけて各セクターの主要企業を対象に実施された共同調査によると、32%の企業が経済成長を横ばいと予想し、10%が緩やかな縮小を予想していることがわかりました。

調査対象企業の約 53% は緩やかな成長が見込まれると考えており、2% は堅実な成長を期待しています。 経済が不況に陥るとは誰も信じていませんでした。

成長を予測する複数の回答のうち、85%が個人消費が回復すると予想し、77%がコロナウイルスのパンデミックからの正常化を予測しています。

一部の企業は、超緩和的な金融政策を維持しようとする日銀の強硬姿勢が円安を引き起こし、輸入物価を押し上げたと述べているが、37%はそれにもかかわらず、その継続が必要であると考えている.

110~120円前後で推移してほしいとの回答は3割が多かった。

この調査では、企業の 39% が、コロナウイルスは季節性インフルエンザと同様の方法で治療する必要があると考えていることもわかりました。

日本の毎日のCOVID-19感染者数はここ数週間で過去最高を記録していますが、政府は人々の移動に制限を課していませんが、病気に対する対策の見直しを加速する必要があるという声が高まっています.

潜在的な電力不足に対処する最善の方法について尋ねたところ、半数以上が節電の必要性を支持し、続いて太陽光発電と風力発電の導入を増やし、39% が原子炉の再稼働を支持したことがわかりました。


関連記事:

焦点:日本の改造された内閣は、新しい資本主義の推進を具体化する必要がある

日本は閣僚にサハリン2の新しいオペレーターへの参加を検討するよう要請

トヨタは純利益の見通しを引き上げ、円がコスト上昇を吸収すると予想される


.主要企業の 42% が、物価上昇で日本経済が減速すると考えている
Source#主要企業の #が物価上昇で日本経済が減速すると考えている

Leave a Comment