中国は新疆ウイグル自治区で「人道に対する罪」を犯した可能性がある:国連

中国は極西部の新疆ウイグル自治区でウイグル族やその他のイスラム教徒グループを差別的に扱っており、「人道に対する罪」を犯した可能性があると、国連の報告書が水曜日に発表され、国際機関の人権責任者は状況を是正するための措置を推奨している.

「ウイグル人やその他の主にイスラム教徒のグループのメンバーの恣意的かつ差別的な拘留の程度は…個人的および集団的に享受されている基本的権利のより一般的な制限と剥奪の文脈では、国際犯罪、特に人道に対する罪を構成する可能性がある」と報告書は述べている。言った。

資料写真は2021年5月、中国・新疆ウイグル自治区の縫製工場で働くウイグル人労働者ら(共同撮影)

国連人権高等弁務官のミシェル・バチェレ氏の任期が水曜日に終了する数分前に発表された調査結果は、北京から激しい反応を得た。

ジュネーブの国連常駐代表部は、評価が「反中国勢力によってでっち上げられた偽情報と嘘に基づいており」、「中国を意地悪に中傷し中傷している」だけでなく、同国の内政に干渉していると主張する文書を発行した。 .

チリの元大統領であるバチェレ氏は、中国がそこで「大量虐殺」を行ったという西側諸国の主張の中で、5月に新疆ウイグル自治区を訪問した. 米国と他のいくつかの民主主義国は、この主張に基づいて中国に対して制裁または同様の措置を課しています。

同紙は、新疆ウイグル自治区で「深刻な人権侵害」が行われており、中国政府がテロリズムと過激主義に対する戦略を適用している状況下で、2017 年から「職業教育および訓練センター」に配置された人々は拷問、虐待、非人道的な扱いを受けていると述べた。そして2019年。

国連人権事務所は、ウイグル族、カザフ族、キルギス族の 40 人にインタビューを行い、26 人は 2016 年以降、拘束されているか、自治区内のさまざまな施設で働いていたと述べた。

報告書によると、施設に収容された人のうち、自由に出入りしたり、家に帰って訪問したりした人は一人もいませんでした。

これらの施設では、インタビュー対象者全員が、重要な警備員の存在と銃で武装した警備員を観察しました。

文書によると、施設に連れて行かれた際に滞在期間を知らされた者はいなかった。これは、そのような扱いが明確な法的根拠のない「自由の剥奪の一形態」に相当することを意味すると推測した.

中国は、職業訓練センターはテロや宗教的過激主義と戦うために設立されたと主張し、新疆でのいかなる人権侵害も否定している。

報告書は中国に対し、「恣意的に自由を奪われたすべての個人を解放するための迅速な措置」を講じ、行方不明者の所在を明らかにし、新疆のイスラム教徒の少数派に対する「すべての差別的な法律、政策、および慣行を緊急に廃止する」よう求めた。

国連事務所はまた、新疆ウイグル自治区の人権状況を改善するための取り組みについて国際社会からの支援を求め、各国にウイグル人やイスラム教徒が圧倒的多数を占めるその他の難民を中国に返還しないよう求めた。

バチェレ氏は先週、約40カ国から新疆の報告書の公開に反対する書簡が彼女の事務所に届いたことを認めた。 この文書は当初、今年初めに発行される予定でしたが、発行は何度も延期されました。

==経堂

.中国は新疆ウイグル自治区で「人道に対する罪」を犯した可能性がある:国連
Source#中国は新疆ウイグル自治区で人道に対する罪を犯した可能性がある国連

Leave a Comment