中国は勤務中に日本の外交官を一時的に拘留している

北京の日本人外交官は、今週初めに勤務中に一時的に拘留され、中国は水曜日、当局が不適切な活動を行っていたため、その行動は正当化されたと主張した。

日本の林芳正外相は火曜日の夜、政府が外交ルートを通じて中国に抗議を提出したと記者団に語った。

しかし、中国外務省は水曜日の抗議行動に反対し、北京の日本大使館の正体不明の外交官は、詳細を述べずに不適切な行動をとった後、法律に従って調査され、尋問されたと述べた。

外務省のスポークスウーマン、華春瑩氏は北京の記者団に対し、「中国は日本に厳粛な代表を提出し、中国の外交関係者の言動を厳しく制限するよう求めている」と述べた。

中国外務省のスポークスウーマン、華春瑩は2022年2月23日に北京で行われた記者会見に出席します。(共同通信)==共同通信

中国の当局者は共同通信に、外交官が違法に情報を収集していると語った。

東京の中国大使館が発表した声明はまた、日本が中国の法律を尊重し、その外交官の行動を管理するべきであると水曜日に述べた。

声明は、日本の森武雄副外相が火曜日に東京の中国大使館の臨時代理大使であるヤン・ユーを召喚した後に出された。

森氏は、事件が明らかに外交関係に関するウィーン条約に違反しているとして、中国が謝罪し、再発を防ぐよう要求したと同省は述べた。

一方、ヤン氏は森に対し、省当局者によると、彼は政府に報告すると述べた。

垂秀夫駐中国日本大使も同様の要請を中国のウー・ジャンガオ外相に行った。

日本の外務省は、外交官が合法的な公務で月曜日の午後に拘留されたと述べた。 数時間後、外交官は中国当局との交流の後に釈放され、身体的に危害を加えられなかった。

外交関係に関するウィーン条約は、受入国に対し、外交使節団の平和の妨害またはその尊厳の低下を防ぐことを要求しています。

しかし、華氏は、この条約は「外交官の行動の境界を明確に規定している」と述べ、「外交官は、開催国の法律と規制を尊重する義務がある」と付け加えた。

。中国は勤務中に日本の外交官を一時的に拘留している
Source#中国は勤務中に日本の外交官を一時的に拘留している

Leave a Comment