中国は内政へのG7干渉「冷戦精神」を批判

中国は月曜日、7人の外相グループが国の内政に干渉したとして批判し、彼らに彼らの「冷戦精神」を放棄し、イデオロギーで線を引く慣行を正すように促した。

外務省のスポークスマン、ワン・ウェンビン氏は、日曜日に英国のリバプールでの会合を終えた後、北京で記者団に語った。

中国外務省のスポークスマン、ワン・ウェンビン。 (共同通信)

英国のG7議長の声明によると、閣僚は、北京が人権侵害で非難されている「香港と新疆ウイグル自治区の状況」と「台湾海峡における平和と安定の重要性」について話し合った。 。」 「」

別の声明の中で、G7と東南アジア諸国連合はまた、中国がこの地域の現状を変えようとする試みに対する秘密の反撃で、「自由で開かれたインド太平洋地域を維持することへの共通の関心」を再確認した。

G7外相は、前回の会合の2日目に、初めてASEAN諸国、オーストラリア、韓国、インドのカウンターパートと会談した。


関連する報道:

中国の「強制的な」経済政策を懸念するG7:声明

日米は中国に対抗する同盟の能力を高めることを誓う

G7外相が北京冬季オリンピックについて意見交換


。中国は内政へのG7干渉「冷戦精神」を批判

Source#中国は内政へのG7干渉冷戦精神を批判

Leave a Comment