中国の空母が沖縄の2つの島の間を航行する

日本の防衛省は、空母を含む中国の海軍艦艇のグループが、土曜日に沖縄県の2つの島の間の海域を通って太平洋から東シナ海に航海したと言います。

省当局者は、船舶が太平洋で訓練を実施したと想定しています。

遼寧省は、沖縄本島と西南日本の宮古島の間を、他の6隻の船を伴って通過したと言われています。

遼寧は5月2日に同じ水路を反対方向に航行していた。

同省によると、5月3日以降、太平洋で戦闘機とヘリコプターが遼寧から離陸し、着陸するのが300回以上見られたという。

当局は、訓練は遠洋での作戦を遂行する能力を強化するための中国海軍の努力の一部であったと信じている。

同省は、運送業者の動きの監視と詳細な分析を継続している。

航空会社が島々の間の海域を往復して航海しているのが見られたのはこれが4回目です。


中国の空母が沖縄の2つの島の間を航行する
Source#中国の空母が沖縄の2つの島の間を航行する

Leave a Comment