中国の大学は中印関係の架け橋

©新華社提供

銀川、5月26日(新華社)-ドワナト・S・コトニス医師が1938年から1942年まで中国で働いていたとき、国はファシズムと呼ばれる世界的な「パンデミック」と闘っていました。

80年後、今日の世界はCOVID-19によって引き起こされた別の危機と戦っていますが、その偉大な国際主義者の精神は、中国北西部の寧夏回族自治区の首都である銀川の医科大学に今も残っています。

インドのムンバイ出身のコトニスは、日中戦争での日本の侵略に対する軍医を務めました。 彼の献身で有名なコトニスは、中国の革命的な英雄であり、二国間の友情と協力のモデルと見なされてきました。 彼は1942年に中国北部のTaihangMountainsの村で、わずか32歳で亡くなりました。

TaihangMountainsから約900km離れたところに寧夏医科大学があり、過去10年間で300人以上のインド人学生が卒業しました。

寧夏医科大学は、外国人学生に英語で臨床医学を教えることを認可された中国の45の大学の1つとして、2012年にWHO認定の医学部である国際教育学校を設立して以来600人以上の海外学生を登録しています。

学生のほとんどは南アジアとアフリカから来ており、MBBS(医学の学士号と外科の学士号)を持っています。 学校長のShanBinによると、そのうちのいくつかは修士号、さらには博士号を取得しています。

「卒業生が自国に戻った後、65パーセント以上が地元の病院で働く登録医師になりました」とシャンは言いました。

COVID-19の再燃により、卒業生の何人かはウイルスとの戦いに身を投じました。 2020年にインドで流行が激化したため、学校の少なくとも3人の卒業生が、インドの政府または地方自治体からその奉仕に対して表彰されました。 1人は患者を治療する最前線で亡くなりました。

インド南部出身のKevalBalaMaramさん(26歳)は、中国で8年間、最初は河南省鄭州で、現在は銀川で医療手術の研究と実践を行ってきました。

「非常に優れた外科医になるにはまだ長い道のりがあるので、私はまだ学んでいます。ここでは、先生やメンターから多くのことを学ぶ必要があります」とマラム氏は述べています。

ニューデリー出身のAnkitaは、ここに6年間在籍し、臨床医学の学士号を取得しています。

「ここでの勉強は良いです。彼らが教えてくれる限り多くのことを学ぶことができるので、私は病院にいる​​のが本当に好きです。彼らは本当に教えてくれます。だから私はどこよりも病院にいる​​ことを本当に楽しんでいます。そうでなければ」と語った。

学校は学生に国際的な雰囲気を提供すると同時に、彼らが中国についてできる限り多くを学ぶのを助けます。

「私たちは、中国の人々と他の国々との関係を発展させる上で、より才能のある個人を育成することを目指しています」とシャンは言いました。

。中国の大学は中印関係の架け橋
Source#中国の大学は中印関係の架け橋

Leave a Comment