中国の国営経済は日本企業を厳しい立場に追い込む可能性がある

中国の習近平国家主席が、閉幕したばかりの共産党大会で権力を固める一方で、中国独自の国家主導の市場経済をますます擁護していることから、日本企業を含む外国企業は、技術漏洩の恐れなど、より多くの課題に直面する可能性があります。 .

中国政府の厳格な「COVID ゼロ」政策、米国との競争の中での製造業の自給自足の追求、強制的な所得の縮小につながる可能性のある「共同繁栄」の促進が、不確実性を高めています。 批評家は、中国とビジネスを行う上で、

2022年10月22日、北京の人民大会堂で開かれた中国共産党第20回全国代表大会の閉会式で挙手する習近平国家主席(前列左から5人目)=共同撮影

習近平国家主席が党総書記として前例のない 3 期目の 5 年間の任期を確保した 2 回の学術大会の作業報告書で、彼は繰り返し、中国とは異なる「近代化への中国の道」を追求することの重要性を強調した。 . 、根本的なウイルス対策を含む。

1 週間にわたる会議中に、中国は国内総生産データの発表を 7 月から 9 月に突然延期し、新たな発表日を示さずに、遅れが政治的配慮によるものであるという憶測を煽った。 .

第一生命経済研究所の主任エコノミスト、西浜徹氏は「数字が悪いために発表が延期されたのであれば、市場メカニズムを完全に無視した法外な行為だ」と述べた。

習近平国家主席は議会での演説で、アウトブレイクが発生した都市に封鎖を課すことを含むコロナウイルス感染を阻止するための厳格な措置を擁護したが、西浜氏は、北京が「経済を優先しない」ことは明らかであり、国の政治への固執は「世界経済のリスク要因です。」

エコノミストは、今年初めに世界第2位の経済大国の商業および金融の中心地である上海での2か月のCOVIDロックダウンにより、重要なウイルスが発生した場合に国のサプライチェーンが混乱するリスクが明らかになった.

中国の経済成長は鈍化しており、個人消費と不動産投資は新型コロナウイルスゼロ政策の打撃を受けており、2022 年までに約 5.5% の拡大という目標を達成することは困難になっています。国際通貨基金 (IMF) は今月初め、中国が今年は3.2%の成長。

日本企業だけでなく海外企業の間でも、ハイテク製品の国産化推進や輸入品の政府調達禁止などにより、中国への技術移転を迫られるのではないかという懸念が高まっている。

中国の日本商工会議所は、中国政府が「外国企業を差別的に扱う」ことのないよう要請し、外国企業に生産を中国に移すよう圧力をかけ、人材を探して高度な技術を獲得しようとしていることに警鐘を鳴らした。

ハイテク製品には、日本メーカーが世界で高いシェアを誇る複合機や医療機器などがあります。

世界で最も人口の多い 14 億人の国で経済的不平等を是正することを目的とする共通の繁栄の旗の下で、北京は、金融および情報技術産業などの国の収益性の高いセクターに対する制限を強化しました。

この政策は、中国のハイテク産業におけるイノベーションが妨げられる可能性があるという懸念を引き起こしました。

「中国はモバイル決済取引の急速な普及により、デジタルおよび IT 部門の主要プレーヤーになりつつありましたが、規制の強化によりその成長エンジンは勢いを失いました」と、ある電子製品メーカーの高官は嘆きました。

オーストラリアのローウィ研究所の東アジア担当シニアフェローであるリチャード・マクレガー氏は、オンライン会議で、習近平氏は「経済よりも政治に対する感覚がはるかに優れており」、一部の分野を攻撃する「客観的な理由」を持っていると語った。

マクレガー氏は、中国の指導者は「市場にほとんど同情しない」と述べたが、「不器用な政治的介入はより高い代償を払う可能性がある」と警告した。 習主席は「経済は国家権力のしもべである。そうである限り、多くの困難が待ち受けているだろう」と付け加えた。

日曜日の新しい指導者チームを紹介するための記者会見で、習主席は、中国は「改革を深め、あらゆる分野で開放することに揺るぎない」と述べ、北京は「ますますドアを開けていく」と付け加えた。世界からの孤立」。 世界。”

中国共産党第 20 回全国代表大会の閉会の翌日、2022 年 10 月 23 日、人民大会堂での記者会見で、習近平主席 (中央) の下の新しい政治局常務委員会のメンバー。 (経堂) == 経堂

コメントは、半導体を含む国家安全保障に不可欠と見なされる産業を米国が保護しようとする中で、世界市場の「デカップリング」に対する警戒が強まっているときに出された.

西浜氏は、中国は自国の立場を支持する国々との協力を強化することで開放政策を維持し、世界経済からのさらなる切り離しは「避けられない」と述べた。

中国は、140 か国以上をカバーする主要な一帯一路インフラストラクチャ イニシアチブを通じて、多くの発展途上国との関係を深めてきました。 マクレガー氏は、北京は「英国圏で孤立している」可能性があり、他の西側諸国もそうだが、世界中では「そうではない」と述べた.

国際戦略研究所の日本の安全保障と防衛政策の研究者である冨樫真理子氏は、東京での最近の記者会見で、完全な離脱は不可能だと信じている.

米国は最近、高度な軍事システムの製造に使用される可能性のあるハイエンドチップの中国への輸出規制を強化したが、日本は「経済的影響が異なるため、この規制とまったく同じレベルに従う可能性は低い」と彼は述べた.

西浜氏は富樫氏の見解に同意し、人口減少に直面している日本は隣国の巨大市場に参入する必要があり、東京はワシントンのような強力な措置を経済的安全を確保するために課すことはできないため、日本と中国は経済的に「不可分」であると述べた.

習氏は議会での演説で、中国のサプライチェーンをより回復力のある安全なものにすることを約束した。

北京対外経済大学の教授である西村雄作氏は、中国のサプライチェーンは世界の生産システムに組み込まれているため、中国とその同盟国の間だけでそのようなチェーンを確立することは不可能であると述べた。

「世界的に言えば、中国なしでサプライチェーンを構築すると、事業活動のコストが高くなる」と彼は述べた。

中国で事業を展開する日本企業については、西浜氏は、習主席の継続的な指導の下での国家統制の強化と米国の撤退の試みにより、「大きな障害」に直面する可能性があるが、他の場所に代替拠点を見つけることができない場合、課題に対処する準備ができている必要があると述べた.


関連記事:

中国の習近平国家主席は、同盟国が主導権を握る珍しい第 3 期を開始する

習近平氏、前例のない3期目の中国党首に

中国の習近平主席、10 年間の功績を称え、台湾への決意を新たにする


中国の国営経済は日本企業を厳しい立場に追い込む可能性がある

Source#中国の国営経済は日本企業を厳しい立場に追い込む可能性がある

Leave a Comment