中国の人口が60年以上ぶりに減少

中国本土の人口が61年ぶりに減少したことを政府のデータが火曜日に示しており、東アジアの国は、継続的な減少の中で世界で最も人口の多い国としてインドにすでに追い抜かれていると推定されている.社会。 .

政府によると、台湾、香港、マカオを除く中国の人口は、2022年末に14億1175万人に達し、前年より85万人減少した。 この数字は、国連が推定した 2022 年のインドの人口 141 万 2000 人と比較されます。

北京の公園で運動する高齢者=2023年1月16日=共同撮影

2022 年の中国の出生率は、1 年前の 7.52 から 6.77 に低下し、毛沢東が共産主義主導の中華人民共和国を設立した 1949 年以来、史上最低を記録しました。

中国では、1979 年に導入された「一人っ子政策」が主な原因で高齢化が進んでいますが、この政策は 2016 年に習近平国家主席の下で廃止されました。

中国では、1961 年に毛沢東が開始した見当違いの経済政策と見なされた壊滅的な大躍進政策による大規模な飢饉が発生して以来、人口が増加してきました。

中国のメディアによると、2022 年に生まれた赤ちゃんの数は 956 万人で、2021 年から 6 年連続で 106 万人減少し、1950 年以来初めて 1000 万人を下回りました。

国連の定義によると、65 歳以上の人口は昨年全体の 14.9% を占め、2021 年より 0.7 ポイント多く、「高齢化社会」のしきい値である 14% を超えています。

死亡者数は、2021 年から 27 万人増加して 1,041 万人になりました。 死亡者数の増加は、一部はコロナウイルスのパンデミックによるものであり、保健当局は最近、厳格な措置が大幅に緩和された後、12 月 8 日から 1 月 12 日までの間に 60,000 人近くの COVID 関連の死亡が報告されました。

2021 年 5 月、中国は夫婦が 3 人目の子供を持つことを許可することを決定しましたが、これまでのところ、この国ではベビー ブームが発生しておらず、専門家は若い夫婦が子供を育てるための大きな経済的負担を抱えていると指摘しています。

国連の推計によると、2050 年までに中国の人口は 13 億人に減少する一方、インドの人口は 16 億人を超えるとされています。

中国外務省の王文彬報道官は記者団に対し、中国とインドは人口が多く、労働力が比較的豊富な国であり、両国は「人口ボーナスを最大限に活用して自国の発展を達成し、人類の未来に最大の貢献をする」べきだと語った。 . “


関連記事:

中国は、国際的な批判の中で60,000人のCOVID関連の死亡を報告しています

中国の出生率は2021年に記録的な低さに低下し、人口の高齢化が進む

中国、低出生率の中で夫婦が第3子を持つことを許可


中国の人口が60年以上ぶりに減少

Source#中国の人口が60年以上ぶりに減少

Leave a Comment