中国が卓球ワールドカップで女子シングルス準決勝を席巻

©新華社提供

ニューヨーク、11月27日(新華社)-中国のパドラーはヒューストンで開催された2021年の世界卓球選手権で輝き続け、日曜日に中国だけの大会で女子シングルスの準決勝に到達しました。

世界ナンバーワンの陳夢は、土曜日にそれぞれのライバルを上回った後、ファイナルフォーでチームメイトの孫穎莉、王曼淵、王ゲイ迪に加わった。

チェンはストレートゲームで日本の石川佳純を4-0で派遣した。 新たに王冠を獲得したオリンピックチャンピオンは、準々決勝の衝突で石川の29に対して合計44ポイントを獲得したため、世界9位に脅かされることはめったにありませんでした。 チェンは日曜日に同胞の王曼淵と対戦します。

世界2位と2位の韓国人が連続試合で韓国人を4-0で下し、チームメイトの王が準決勝で順位を上げたため、徐孝元には太陽が強すぎることがわかった。待っています。イディ。

王ゲイ迪は、別の準々決勝の試合で日本の伊藤美誠を4-1で下した。

©新華社提供

男子シングルスでは、世界1位と中国のトップシードの樊振東が同胞の林高遠との最初の試合に敗れたが、次の4試合に勝つために神経を落ち着かせ、準決勝での彼の位置を確認した。

梁靖崙は、壮大な7試合のスリラーでブラジルのウーゴカルデラーノを4-3で破り、ファンと対戦する次のラウンドで彼のスポットを封印することで、印象的なカムバックを完了しました。

以前、トップ男子ダブルシードの林高遠と梁靖夷は、8頭のドイツ人ベネディクト・ドゥーダとダン・キウとの激しい戦いの後、準決勝に押し込まれた。

リンとリャンの同胞である樊振東と王楚晃は、スウェーデンのマティアス・ファルクとクリスティアン・カールソンのペアに3-2で止められた。

「大会には勝者と敗者がいる。対戦相手は今日の試合よりも上手くプレーした」とファンは語った。

©新華社提供

女子ダブルスでは、王曼淵と孫穎莉も準々決勝で大きな反対に直面した。 2019年のチャンピオンは、早い段階で決着をつけることを余儀なくされ、試合を完全に遠ざけた日本の対戦相手である石川佳純と平野美宇を追い払うのに苦労しました。 しかし、ワンとサンは最も必要なときに落ち着きを保ち、ファイナルフォーに進むための5番目の最後のゲームを確保しました。

別の女性ペア、陳夢と銭天一も、韓国のライバルであるチェ・ヒョジュとイ・ジオンに3-0で勝利した後、準決勝に進出しました。

スペイン人のアルバロ・ロブレスとマリア・シアオは、障害物の準々決勝で混合ダブルスの出口に苦しんだ。 ローブルズとシャオは王楚晃と孫穎莉とのオープニングゲームで印象的なヘッズアップを見せたが、中国のペアは順調に回復し、最終的に3-1で勝利した。

©新華社提供

中国の林高遠と米国のリリー・チャンは、フランスの2番目にシードされた元嘉南とエマニュエル・ルベソンに3-1で勝利した後、混合ダブルス準決勝に進出しました。

ファンをさらに興奮させたのは、男子シングルス準決勝へのチケットを確保した後、ヒューストンで彼の遺産を拡張したドイツの常緑のティモボルでした。

40歳のボルは、地元の群衆の前で別の素晴らしいディスプレイを制作したアメリカのカナックジャからの厳しい挑戦に直面しました。 しかし、6回の厳しい試合の後、ボルがリードし、10年ぶりに準決勝に戻った。

日曜日は、5つのイベントすべての準決勝と、混合ダブルス決勝が行われます。

。中国が卓球ワールドカップで女子シングルス準決勝を席巻

Source#中国が卓球ワールドカップで女子シングルス準決勝を席巻

Leave a Comment