中国、日本に核軍縮の約束を守るよう要請

中国は月曜日、広島への原爆投下から77周年を迎える岸田文雄首相の誓約に疑問を表明し、核兵器のない世界を構築するという約束に忠実であり続けるよう日本に求めた。

北京は、その誓約にもかかわらず、戦争で核攻撃を受けた世界で唯一の国は米国の核の傘によって保護されていると主張し、ワシントンが核兵器に関する先制不使用政策を放棄することに反対している.

2022年8月8日、北京で記者会見する中国外務省の王文彬報道官=共同撮影

中国外務省の王文彬(Wang Wenbin)報道官は北京での記者会見で、「一部の(日本の)政治家は、米国側と核兵器を共有していると主張し、(日本における)米国の核兵器配備はタブーであってはならないと主張している」と述べた。

彼は、日本政府が政治家による「そのような議論を黙認した」と主張し、土曜日になされた核軍縮への岸田の新たな誓いに疑問を投げかけた.

王はまた、日本は「侵略の歴史について深く反省することなく(原爆)原爆について話している」と指摘し、日本の軍国主義によって近隣諸国に与えられた戦時被害に言及した。

.中国、日本に核軍縮の約束を守るよう要請
Source#中国日本に核軍縮の約束を守るよう要請

Leave a Comment