中古のランドクルーザーは、トヨタの品薄の中で新車価格の 2 倍以上の高値で取引されています

日本のトップ自動車メーカーが自動車購入者を待たせているため、一部のトヨタのモデルの再販価格は新車の販売価格を上回りました。

中古車ウェブサイトを運営するプロト・コーポレーションによると、2022年型ランドクルーザーZXの中間価格は、7月下旬に1705万円(12万9000ドル)に達し、人気スポーツ多目的車のガソリンバージョンのメーカー希望価格の2倍以上になった.

市場関係者によると、世界的なチップ不足の中で自動車メーカーが予定通りに自動車を生産するのに苦労していることを反映した、トヨタに対するこのような価格投資は、その程度は異例である.

名古屋を拠点とする中古車販売会社グッドスピードのディレクター、松井康之氏は「希少車や人気車の価格が局地的に高騰する例はあるが、これほど多くのモデルでそれが起こるのを見たことがない」と語った。

トヨタ最大級のミニバンであるアルファードの場合、2021年ハイブリッド仕様のエグゼクティブラウンジSバージョンの中間価格は825万円で、新車価格の775万円を上回った。

ハリアーやカローラクロスは、年式やグレードによって中古車価格が高くなる車種があります。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

中古のランドクルーザーは、トヨタの品薄の中で新車価格の 2 倍以上の高値で取引されています
Source#中古のランドクルーザーはトヨタの品薄の中で新車価格の #倍以上の高値で取引されています

Leave a Comment