両親は4歳の娘の致命的な虐待のために7年の刑務所に入る

埼玉県伊奈町の自宅で、2017年に4歳の娘を虐待したとして、32歳の男性と30歳の妻が懲役7年の判決を受けました。

さいたま地方裁判所は、自営業の岩井由紀氏とアルバイトをしている妻の真澄氏に対して、木曜日に評決を下した。 フジテレビによると、彼らは親の怠慢で有罪判決を受け、娘のこころが死亡した。 心は、母親が病院に連れて行った後、2017年12月21日に低体温症で亡くなりました。

医師は彼女の腕、脚、胃に10以上の打撲傷を発見しました。 検死はまた、彼女が栄養失調に苦しんでいたことを明らかにしました。

検察は、2020年3月に逮捕されたココロの両親は、2017年10月から彼女に栄養不足であり、11月から定期的に3キログラムのダンベルで背中を殴るなどの身体的虐待を受けていたと主張した。 …読み続けてください

里玉県伊奈町で4歳の長女に虐待をしてくれていなななしててしてしてしてしてしししてた罪にしてしてたたしにして7年の正決をした-日テレニュース







両親は4歳の娘の致命的な虐待のために7年の刑務所に入る
Source#両親は4歳の娘の致命的な虐待のために7年の刑務所に入る

Leave a Comment