世論調査によると、日本人と韓国人はお互いをより好意的に見ている

日本と韓国は昨年よりもお互いの国を好意的に見ているが、戦時中の問題をめぐるアジアの隣国間の長年にわたる政治的関係の悪化の後、不快な感情が残っていることが木曜日の調査で示された.

非営利シンクタンク言論NPOと韓国政府が実施した世論調査によると、韓国に悪い印象を持っている日本人は40.3%で8.5ポイント減、日本に否定的な印象を持っている韓国人は52.8%で10.4ポイント減だった。ソウルを拠点とする東アジア研究所。

言論NPO法人の工藤康史代表が9月28日、東京都内で記者会見を行った。 2022年1月1日(共同)

日本のシンクタンクは、ワシントンと北京の間の緊張の激化を背景に、両国が共に民主主義国であり、米国と同盟を結んでいるという事実にわずかな改善が見られたと考えている.

それでも、7 月から 8 月にかけて実施された各国の約 1,000 人を対象とした調査によると、韓国人の 52% が東京とソウルの関係は変わらないと考えています。 日本人の回答者では、37.7%でした。

日本の回答者の約 2 割が、5 月に就任した韓国のユン・ソクヨル大統領に好印象を持っている。 前任者の文在寅(ムン・ジェイン)氏は2%だった。

1910年から1945年にかけての日本の朝鮮半島植民地支配の間、最高裁は2つの日本企業に対し、韓国人原告の無給労働に対する補償を命じた。

日本は、植民地時代に起因する請求権の問題は、1965 年に国交が正常化されたときに署名された二国間協定の下で解決されたと主張している。

日本の岸田文夫首相について尋ねたところ、韓国の回答者のわずか6.6%が良い印象を持っていると答えた.

「世論は変化し始めているが、政府間の関係は依然として停滞している」と、シンクタンクの所長である工藤康氏は東京での記者会見で述べ、日本と韓国に関係を改善するための具体的な措置を講じるよう促した.

.世論調査によると、日本人と韓国人はお互いをより好意的に見ている
Source#世論調査によると日本人と韓国人はお互いをより好意的に見ている

Leave a Comment