上野動物園パンダの中国への「帰国」がパンデミックにより再び遅れた

東京都は金曜日、コロナウイルスの大流行による交通機関の問題により、中国から貸し出されているジャイアントパンダの人気のある女性の子孫を年末までさらに6か月延期したと発表した。

2017年6月に首都台東区上野動物園で生まれたXiangXiangは、2歳のときに中国に向けて出発する予定でしたが、人気があり、その後パンデミックが発生したため、融資が延長されました。 新しい締め切りは12月31日です。

2022年5月9日に撮影された写真は、XiangXiangを示しています。 (写真提供:東京動物園協会)(京堂)

この女性は、2011年2月に日本にゆっくりとやってきたパンダの夫婦であるRiRiとShinShinの父親の間に生まれました。つまり、彼女も中国に属しています。

Xiang Xiangは、昨年6月に生まれた双子のXiaoXiaoとLeiLeiの姉です。 動物園は今年、同じ月に生まれた3人のパンダ兄弟全員の誕生日イベントを開催する予定です。

「多くの世代の人々に彼らの成長を祝ってもらいたい」と東京知事。 小池百合子は金曜日の記者会見で語った。


関連する報道:

東京動物園生まれのツインパンダが公開デビュー

パンデミックは再び人気の東京動物園パンダの中国への返還を遅らせる


。上野動物園パンダの中国への「帰国」がパンデミックにより再び遅れた
Source#上野動物園パンダの中国への帰国がパンデミックにより再び遅れた

Leave a Comment