三浦花王GP開幕戦2位、女子は坂本がリード

日本の三浦花王は、土曜日のフィギュア スケートのグランプリで初の表彰台を獲得し、スケート アメリカ シリーズの開幕戦で、アメリカの 10 代のセンセーションであるイリア マリニンに次ぐ 2 位でフィニッシュしました。

三浦は金曜日のショートプログラムで 94.96 点を記録し、チームメイトの 17 歳のマリニンを 3 位と 8.88 ポイント差でリードして、男子大会の最終日に 1 位で臨んだ。

しかし、ジュニア世界チャンピオンはフリースケートではるかに優れていました. マリニンは、セグメントの 194.29 と合計 280.37 に向かう途中で、彼の署名の 4 回転シャフトで観客を興奮させました。 三浦選手はフリーで 178.23 点、合計 273.19 点で 2 位でした。

(左から) 10 月 22 日に行われた ISU – Skate America のフィギュア スケート グランプリで、銀メダリストの日本の三浦花王、金メダリストのイリア マリニン、韓国のブロンズ メダリストのチャ ジュン ファンが表彰台に上がりました。 . 、マサチューセッツ州ノーウッドで 2022 年に開催されます。 (国際スケート連盟/Getty/共同)

ショートプログラムで 2 位だった韓国の Cha Jun Hwan は 264.05 で 3 位でした。

三浦は「最高のパフォーマンスをした。 「後半の4回転ジャンプに向けてしっかりと跳べる力がついてきました。次の大会に向けてミスを直したいです」

女子は、現世界チャンピオンの坂本花織選手がショートプログラムで71.72点で優勝。

北京オリンピックの銅メダリストは、71.30 点を記録した 15 歳の世界ジュニア チャンピオンである米国の Isabeau Levito をわずかに上回ってセグメントを終えました。 別のアメリカ人、アンバー グレンは 68.42 で 3 位でした。

2022 年 10 月 22 日、マサチューセッツ州ノーウッドで開催された ISU フィギュア スケート グランプリ – スケート アメリカの女子ショート プログラムで競う日本の坂本花織選手。 (国際スケート連盟/Getty/共同)

「ミスを最小限に抑えた気がする」と坂本は語った。 「70点には届かないと思っていたので、達成できてよかったです。フリーへの意識を変える必要があります。」

元全日本ジュニアナショナルチャンピオンの松池梨乃は、59.50 を記録して 8 位で日曜日のフリー スケートに向かいます。

アイスダンスのリズミックダンスでは、アメリカのマディソン・チョックとエヴァン・ベイツが82.63で1位、日本の村本佳奈と高橋大輔が69.67で5位だった。


関連記事:

フィギュアスケート:GPシーズン開幕戦の男子ショートプログラムで三浦花王がヘッドライナーを務める

フィギュアスケート:鍵山優馬が足首の怪我でグランプリシリーズから離脱

フィギュアスケート:宇野、坂本がホストを率いてジャパンオープン優勝


三浦花王GP開幕戦2位、女子は坂本がリード

Source#三浦花王GP開幕戦2位女子は坂本がリード

Leave a Comment