三浦と木原がペアで初の日本人として最終順位を獲得

三浦璃と木原龍一は、土曜日に国際スケート連盟フィギュアスケートファイナルグランプリに出場した最初の日本人ペアスケーターになりました。

12月9日〜11日に大阪で開催されるイベントでは、男子シングルス6位のうち2位を獲得した鍵山優真と宇野昌磨、そして日本で唯一の女子シングルスケーターである坂本花織が参加する。 日本はアイスダンスの資格がありませんでした。

三浦璃と木原龍一は、2021年11月13日に東京で開催された代々木国立体育館でのISUフィギュアスケートグランプリ-NHK杯でペアフリースケートをした後、キススコアを祝い、ブルーノ・マーコット監督と泣きました。 、 日本。 (ISU /ゲッティ/共同通信)

2度のオリンピックチャンピオンである羽生結弦は、足首の負傷でグランプリシーズンを逃した。

最終戦は、土曜日にロシアの都市ソチで行われたロシア杯の終了後に設定され、ジョージア州のモリシ・クヴィテラシビリとロシアのカミラ・バリエバがそれぞれ男子と女子のタイトルを獲得しました。

ロシア杯は、ISUグランプリシリーズの6番目で最後のイベントでした。 スケーターは、割り当てられた2つのグランプリイベントでの配置に基づいてポイントを受け取り、4つの分野のそれぞれの上位6つが決勝に進みます。

日本の鍵山優真は、2021年11月20日にフランスのグルノーブルで開催された今シーズンのグランプリフィギュアスケートシリーズの第5回イベントであるフランス杯で金メダルを獲得するための男子無料プログラムに参加しています。 (共同通信)==共同通信

NHK杯の優勝者である宇野昌磨(R)と坂本花織は、2021年11月14日に東京の代々木国立体育館で開催されたエキシビションガラの決勝戦に飛び込みます。(京堂)==京戸

。三浦と木原がペアで初の日本人として最終順位を獲得

Source#三浦と木原がペアで初の日本人として最終順位を獲得

Leave a Comment