一緒に暮らすことが公益のためにどのように機能するか

世界保健機関(WHO)は、メンタルヘルスを「個人が自分の能力を認識し、通常の生活のストレスに対処し、生産的に働き、自分に貢献できる幸福の状態」と説明しています。コミュニティ”。

その定義において、WHOは、メンタルヘルスと福祉のための環境とコミュニティの重要性を強調しており、それらを促進し、保護する必要があります。 しかし、メンタルヘルスとウェルビーイングは主に個人の状態として見られているという事実は残っています。

別の見方は、幸福は社会的であるという感覚から始まるかもしれません。人々は繁栄するために社会的つながりを必要としています。 しかし、それはまた、社会制度や組織が健康と苦しみに体系的に影響を与えることを認識することを意味します。 たとえば、制度的人種差別や性差別は、直接的にも間接的にも苦しみに貢献しています。

健康と病気は同時に深く個人的なものであり、患者の社会的状況の影響を受けます。 言い換えれば、彼らの状況や社会の中での彼らの位置によっては、明らかに不利な立場にある人もいます。 たとえば、貧しいことは人々の健康をさまざまな方法で危険にさらします。

私の仕事は、世界中のさまざまな文化的環境における幸福の概念を探求しています。 私の最新の研究では、彼らが研究するコミュニティにおける共生とケアの重要性を考慮している人類学者による研究をレビューしました。

コミュニティと社交

陽気さは、一緒によく生きる芸術を指します。 研究者は、州の機関や他の組織が彼らの生活の中で比較的離れた場所にいるときに、特定の小さなコミュニティの人々がどのようにうまく生きようと努力するかを理解するために特に重要であると考えています。

たとえば、多くのアマゾンの人々は、コミュニティ内の他の人々の世話をしたり、リソースを共有したり、静けさなどの特定の感情的な条件を育んだりすることで、健康に暮らせるよう努めています。 食べ物を共有することで、親密で親密な絆が生まれます。 一緒に食べることで親族になり、離れて食べることで疎遠になります。

数十年前まで、多くの日本家屋に浴室がなかった頃は、近所の銭湯がたくさんありました。 今でも、友人や家族との入浴は珍しくなく、共同浴場は社交や再会のために切望されていたスペースを提供しています。

他の人とうまく暮らすには、特に、近所がさまざまな背景の人々で構成されている現代の都市での巧みな努力が必要です。 また、動物や植物から腸内に生息する微生物まで、他の種とどのように共存するかを理解する必要があります。

ケアは私たちを自分らしくします

大阪市の高齢者を対象にした私自身の調査では、高齢者の親戚の世話は依然として家族の価値観が強いものの、多くの高齢者がますます依存し、子供たちに負担がかかることを心配していることがわかりました。

彼らは自分たちでケアを提供することに積極的であり、歯科医への訪問の手配から美容師の推薦まで、あらゆる方法でお互いを探していました。 さまざまな形態のケアが相互に関連した方法で機能することが明らかになりました。長老と子供の世話をするためには、両方の世話をすることが多い母親の世話をする必要がありました。 私が結論付けたように、ケアは最高の状態で流通しており、多くの継続的な関係にある人々の間で継続的に「前払い」されています。

陽気さとケアは、幸福が社会的であるだけでなく、深く関係しているという事実に私たちの注意を引き付けます。 それは単に個人が自分の人生について感じるものではなく、どういうわけか体の中に閉じ込められています。 それは周囲の環境との関係で発揮されます:材料、道具や技術、人間と非人間。

これらの関係についての私たちの考え方は、他者とその幸福と健康に影響を及ぼし、それが私たちに反映されます。 たとえば、他人の苦しみを目撃したり、悪化する環境に住んでいると、私たちに悪影響を与える可能性があります。

私たちの現在のメンタルヘルス危機が、人間、非人間、そして自然界の大規模な苦しみと怠慢の目撃と絡み合っていることは考えられないことではありません。 メンタルヘルスを内面的、または個人のみに関係するものとして扱うことは、これらの種類の問題に対処するには不十分かもしれません。

私たちは私ではありません

では、環境危機と不平等の拡大という文脈の中で、幸福についてどのように考えるのでしょうか。 私たちは、幸福を他者とつながるプロセスとして、あるいは「コモンズ」の一形態として扱い始める必要があります。

コモンズとは、水のように、集合的に使用され共有される資源を指します。 同様に、幸福を促進する感情的または「感情的な」リソース(回復力、友情、ケアなど)は、単に個人に関係するだけでなく、人間関係、空間、コミュニティに現れます。 樹木や都市空間などの希少な資源とは異なり、幸福とそれを支える資質は有限ではありません。 日本の家族の世代間の世話のように、彼らは循環して繁栄します。

良い例は希望です。 絶望に直面することは試してみることができますが、楽観的な人々に囲まれていると、私たちはより希望に満ちたものになるかもしれません。 この意味で、楽観主義のような感情的な状態は伝染する可能性があります。 誰が自分を取り巻くのか。 おそらく、幸福を私たちが一緒に育てなければならないコモンズとして考える時が来たのでしょう。それが他の人のために繁栄すればするほど、それは私たちに利益をもたらします。

著者:IzaKavedija-ケンブリッジ大学医療人類学助教授

。一緒に暮らすことが公益のためにどのように機能するか
Source#一緒に暮らすことが公益のためにどのように機能するか

Leave a Comment