ロシアは紛争中の島々の近くでの漁業に関する日本との取引を停止

ロシアの外務省は、日本の漁師が紛争中の南北方領土の近くで漁獲することを許可する日本との協定を一時停止していると述べた。

ロシア外務省のスポークスウーマン、マリア・ザハロワ氏は火曜日の声明で、「現在の状況では、日本側がすべての財政的義務を果たすまで、1998年協定の実施を停止せざるを得ない」と述べた。

モスクワと東京の間の紛争の中心にある4つの島は、ロシアのサハリン島の南東に位置し、行政的に同じ地域の一部です。

戦略的には、島の管理により、ロシアはウラジオストクに本拠を置く太平洋艦隊の軍艦と潜水艦のために太平洋に一年中アクセスできるようになります。

ロシアは群島に軍事基地を持ち、島々にミサイルシステムを配備しています。

人口約2万人の島々には、温泉や鉱物、超音速機の製造に使われるレニウムなどの希土類金属が豊富に含まれています。

08年6月()-ロシア外務ははは7日、1998年にとくれした「四島漁水域日本漁船の操業に関し予約協定」の断を北崩壊と議しました…続きを読む


ポリシーページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ロシアは紛争中の島々の近くでの漁業に関する日本との取引を停止
Source#ロシアは紛争中の島々の近くでの漁業に関する日本との取引を停止

Leave a Comment