ロシアがサハリン2の新会社を設立、日本の出資の将来は不透明

ロシア政府は、同国の極東におけるサハリン 2 石油および液化天然ガス プロジェクトを引き継ぐために、新しい会社を設立すると述べています。

この発表は、プロジェクトに出資する日本企業に不確実性を追加します。

クレムリンは水曜日、新会社はサハリン地域の主要都市であるユジノサハリンスクに拠点を置くと述べた。

このプロジェクトは現在、サハリン・エナジー・インベストメント・カンパニーによって運営されています。

その株主は、ロシアの国営ガス会社ガスプロム、英国のシェル、日本の商社である三井物産と三菱商事です。

シェルはサハリン エナジーの 27.5% の株式を保有しており、三井と三菱はそれぞれ 12.5% と 10% を保有しています。

ロシアのプーチン大統領は 6 月 30 日、新会社を設立し、サハリン エナジーの資産をそこに譲渡する命令に署名した。

火曜日に政府は、必要な登録プロセスは 3 日以内に実行されるべきであると述べた。 …読み続けて

Aug 04 (Annnewsch) – ロシア極東で天然ガス開発事業「2」について ロシア政府は事業を譲渡ぐ 新たな企業を設立すると発表しました。 … 続きを読む


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ロシアがサハリン2の新会社を設立、日本の出資の将来は不透明
Source#ロシアがサハリン2の新会社を設立日本の出資の将来は不透明

Leave a Comment