ロシア、中国、北朝鮮の挑戦の中でアジア安全保障フォーラムが帰国

注目を集めるアジア安全保障フォーラムは、2年間の休止の後、今週末にシンガポールに戻ります。ロシアのウクライナ侵攻、米中の競争、北朝鮮による核実験の脅威が議論を支配すると予想されています。

主催者によると、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、42カ国から約40人の大臣と30人の防衛高官が出席する予定のシャングリ・ラ対話の間に事実上講演する。

日本の岸田文雄首相は、金曜日の夜、会議のオープニングディナーで基調講演を行います。 彼は8年ぶりにフォーラムでスピーチをする日本のリーダーになるでしょう。

米国防長官のロイド・オースティンは土曜日の朝にインド太平洋での米国の防衛政策について話し、中国の国防大臣の魏鳳河は日曜日にこの地域に対する中国のビジョンを詳しく説明します。

米国国防長官ロイド・オースティン(L、ゲッティ)と中国国防相魏鳳河(共同通信)

主催者であるロンドンに本拠を置く国際戦略研究所によると、ゼレンスキーは土曜日の午後に講演する予定だという。

「ロシアのウクライナ侵攻と中国と米国間の競争の激化の両方をきっかけに行われる今年の対話は、40カ国以上からの代表者が世界の防衛政策立案者と直接話し合うための重要な機会を提供するでしょう。」 IISSはそのウェブサイトで言った。

アントニー・ブリンケン米国務長官は先月の演説で、米国は中国を「国際秩序に対する最も深刻な長期的挑戦」と見なしていると述べた。

北京が広範な領土問題を提起した南シナ海の海上安全保障や、昨年の軍事クーデターによって引き起こされたミャンマーでの長引く政治紛争も、対処される問題の1つです。

本会議とは別に、多くの二国間会合が傍観者として行われることが期待されている。

主催者によると、今年は約500人の代表者が直接会議に出席する予定です。 会議は2002年から毎年開催されていますが、コロナウイルスのパンデミックのため、過去2年間のそれぞれでキャンセルされました。

。ロシア、中国、北朝鮮の挑戦の中でアジア安全保障フォーラムが帰国
Source#ロシア中国北朝鮮の挑戦の中でアジア安全保障フォーラムが帰国

Leave a Comment