ユネスコの文化遺産として日本酒醸造を推奨する日本

文化遺産評議会は、ユネスコの無形文化遺産に登録する候補として、麹菌を使った伝統的な日本酒醸造技術を提案することを決定しました。

関係政府機関の会合で承認を求めた後、政府評議会は3月末に伝統的な醸造技術の登録に関する提案を国連組織に提出する、とこの問題に詳しい人々は金曜日に言った。

ユネスコ政府間委員会は、2024年11月の会議でそれらを刻印するかどうかを審議することが期待されています。

「日本酒の醸造は、手作業として確立された伝統的な工芸技術であり、日本酒自体は、日本人の社会的慣習、儀式、お祭りのイベントに深く根ざしています」と評議会は提案の理由について述べました。

麹は焼酎や泡盛の蒸留酒にも使われています。

ユネスコの「無形化化持ち」に我してしするにに日本日本「死的酒つく」が行ってしした無形化化栄のたてたたたたたたたたのはは日本酒放酎放酎(とうじ)や蔵人らに受信里がなりぶ、「日テレNEWS







ユネスコの文化遺産として日本酒醸造を推奨する日本
Source#ユネスコの文化遺産として日本酒醸造を推奨する日本

Leave a Comment