モナコの南野はリーグデビュー戦でランスに敗れ、不満を募らせた

南野拓実は、土曜日にランスに 4 対 1 で敗れ、モナコでリーグ 1 デビューを果たした後、逃したチャンスを台無しにしてしまいました。

サムライ ブルーのアタッカーは、前半の 2 つの好機のいずれも生かすことができず、フィリップ クレマン監督の 4-4-2 フォーメーションで中盤の左サイドからインパクトを与えることができませんでした。

南野は4分に得点圏でクロスを受けるも、胸でボールをコントロールしてシュートを放つことができなかった。

モナコが 1-0 で引き分けたとき、彼はエリア内のスクランブルから至近距離で試みましたが、レンズ キーパー ブライス サンバによってブロックされました。

2022 年 8 月 20 日にモナコで開催されたランスとのフランス リーグ 1 デビュー戦での南野拓実の写真 (エディトリアル使用のみ) (共同)

ワールドカップに向けてより多くのプレー時間を求めて今夏リバプールから移籍した南野は、「あそこで得点できていたら、結果は違っていただろう」と語った。

27 歳は 56 分にベンチに置かれました。

レンズは、フランスのトップフライトシーズンの3ラウンドの後、モナコで7位でテーブルのトップに移動しました。

ヨーロッパの他の場所では、元日本のフォワード、岡崎慎司がシントトロイデンにデビューし、ベルギーのトップフライトキャンペーンで初勝利を記録し、17分のトニ・レイストナーのゴールでオーステンデを1-0で破った.

36 歳の岡崎は、同国の香川真司、橋岡大樹、ダニエル シュミットをフィーチャーしたシントトロイデン XI で前線を開始した後、フルゲームをプレーしました。

「試合へのフィーリングを向上させるためにフルスロットルでプレーできればいいと思った (そして) それを 90 分間行うことができた」と、ワールドカップの元チームメイトである香川との再会を喜んでいる岡崎は語った。

「シンジがボールを持ったときの動きがわかりやすい。たくさんゴールを決めて、チームの勝利に貢献したい」


関連記事:

サッカー: レッズはデビッド・モベルグのブレースで ACL 準々決勝へ

サッカー:ワールドカップ前のイングランドでの日本の希望者

サッカー: 久保のデビューゴールでレアル・ソシエダがラ・リーガ開幕戦の勝利に拍車をかける

.モナコの南野はリーグデビュー戦でランスに敗れ、不満を募らせた
Source#モナコの南野はリーグデビュー戦でランスに敗れ不満を募らせた

Leave a Comment