モデルナはオミクロンを標的とするワクチンが効果的であると考え、目が落ちる

米国のバイオテクノロジー企業であるModernaInc.は水曜日、実験的なコロナウイルスワクチンに関する新しい臨床データがオミクロン変異体に対して有効性を示し、秋のブースターショットとしての同社の流通の有力候補となったと語った。

データによると、最新のワクチンの追加接種は、元のバージョンと比較して、投与後1か月でオミクロンと戦う抗体を約8倍増加させました。

ファイル写真は、2021年5月24日に日本で撮影されたModernaInc.によって開発されたCOVID-19ワクチンのバイアルを示しています。 (共同通信)

モデナのCEO、ステファン・バンセル氏はプレスリリースで、「懸念事項に対するより耐久性のある保護を期待している」と述べ、COVID-19ブースター候補に関する予備データと分析を規制当局に提出し、夏の終わり。

いわゆる「二価ブースター」は、新しいコロナウイルスの元の株と、現在米国で優勢であるオミクロン変異体の両方に対して機能することを意図しています。

この研究には、すでに3回の接種を受けた800人以上が登録され、377人が元のワクチンの4回目の接種を受け、437人が新しいバージョンを投与されたと同社は述べた。

安全性と副作用は、元のワクチンの以前の追加免疫投与量と一致していた、とそれは言った。


関連する報道:

日本の27の都市で期限切れのために740,000の現代の2つが廃棄されました

日本は、リスクのある高齢者グループ向けに4回目のCOVIDワクチン接種を開始

日本はNovavaxワクチンに光を当て、早ければ5月に接種を開始


。モデルナはオミクロンを標的とするワクチンが効果的であると考え、目が落ちる
Source#モデルナはオミクロンを標的とするワクチンが効果的であると考え目が落ちる

Leave a Comment