モダニズムの先駆けとなった日本の巨匠、鉄斎に会いましょう

彼は古代の僧侶のような格好をしていましたが、それは日本美術の新しい時代の到来を告げるものでした.

20 世紀初頭に活躍した芸術家の富岡鉄斎は、日本の旅行者や学者が新たに利用できるようになった中国の伝統を取り入れ、独自の個性を少し加えて、当時の印象派や後期印象派と類似点を共有する芸術を生み出しました。時代。

スミソニアンの日本美術担当キュレーターであるフランク・フェルテンスは、「彼は世捨て人の衣装を着ていました。ひげを生やしたり、猫が何匹いるか分からない散らかった家に住んだりしていました」と語っています。 同時に、彼は皇帝と友好的な関係にある知識豊富なオペレーターであり、彼の作品の多くを販売したデパート複合企業の経営者とつながりがありました. したがって、1924 年の大晦日に 87 歳で亡くなったこの芸術家は、「現実的で現代的な現在に生きていたと同時に、過去を試金石として使っていた」とフェルテンスは言い、鉄斎はこれらの側面を組み合わせたので、シームレスに、彼は当時の日本で最も重要な思想的指導者の 1 人になりました。

スミソニアン国立アジア美術館で開催された簡潔な展覧会「鉄斎との出会い: カウルズ コレクションの現代日本美術」は、彼の最も重要な師であり、仏教の詩人であり修道女だった彼の作品とともに、ほとんど忘れ去られていたこのアーティストの作品に新たなスポットライトを当てています。大田垣蓮月。 この展示は、テッサイにとって半世紀ぶりの大規模な調査であり、2019 年に博物館に寄贈されたメアリーとチェイニーのカウルズ コレクションから抽出されたものです。過去 5 年間で、シアトルの夫婦は 260 点の作品を届けました。 彼の20年間の収集の後、美術館のFreer Gallery of Artに。 …読み続けます


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

モダニズムの先駆けとなった日本の巨匠、鉄斎に会いましょう

Source#モダニズムの先駆けとなった日本の巨匠鉄斎に会いましょう

Leave a Comment