モダナは、COVIDブースターがオミクロンに対して有効性を示すと言います

アメリカのバイオテクノロジー企業であるModernaInc。は月曜日、コロナウイルスワクチンの3回目の注射が、感染性の高いオミクロン変異体と戦う抗体を大幅に増加させることが実験室試験で示されたと述べた。

疾病管理予防センターからの最新のデータによると、米国がコロナウイルスの症例で別の急増を経験しており、オミクロンが先週の新たな感染の約3分の2を占めているときに発表されました。

Modernaの研究における実験室試験からの予備データは、100マイクログラムを含む各注射でのワクチンの2用量コースは、低レベルの抗体しか提供しなかったことを示しました。 しかし、現在認可されている50マイクログラムのブーストは、接種後29日で抗体レベルを約37倍増加させました。

人々は2021年12月20日にニューヨークのタイムズスクエアでCOVID-19の検査を受けるために並んで待っています(UPI /共同通信)。

ワクチンの強さとオミクロンの亜種が広がる速度を考えると、モダナの「オミクロンに対する最初の防衛線は追加免疫になるだろう」と同社は述べた。

この研究はまた、100マイクログラムの追加免疫注射が抗体レベルを約83倍増加させ、「一般的に安全」であることがわかったことを示したと彼は述べた。

ブースター投与後7日目の副作用も「一次2回投与後に見られたものとほぼ同等」でしたが、50マイクログラム投与と比較して100マイクログラム注射後に副作用がわずかに頻繁に見られました。

モデルナは、新しい変異体の免疫回避によって示される「長期的な脅威」を考慮して、特定のオミクロンワクチンを開発し続けると述べ、2022年初頭に臨床試験に移行することを望んでいます。

米国の製薬大手ファイザー社はまた、COVID-19ワクチンの3回目の注射で抗体を25倍に増やすことができ、新しいワクチンが登場する前の2回接種シリーズで見られたのと同様の高レベルの防御を提供すると述べています。変異体。

CDCのデータによると、米国政府は人々に新しいコロナウイルスのワクチン接種を求めるキャンペーンを続けていますが、国の総人口の約39パーセントはまだ完全にワクチン接種されていません。

CDCによると、現在、7日間の移動平均は1日あたり約133,000です。 彼らのデータはまた、オミクロンが週から土曜日までの週の新規症例の73.2%を占め、前週のほぼ6倍に増加したことを示しました。

一方、ホワイトハウスは、ジョー・バイデン大統領が金曜日に中堅のスタッフと緊密に連絡を取り、月曜日にCOVID-19の検査で陽性を示したと発表しました。

完全にワクチン接種され、また後押しされた79歳の社長は、スタッフから陽性の検査の通知を受けた後、陰性の検査を受けました。 その人はサウスカロライナからペンシルベニアに向かう途中でエアフォースワンの大統領の近くで約30分過ごしました。

完全にワクチン接種され、ブーストされたスタッフは、飛行機に搭乗する前に陰性でした。 ホワイトハウスによると、その人は日曜日まで症状を経験し始めず、月曜日に検査されました。

オミクロンの亜種について懸念が高まる中、ワシントン市長のミューリエル・バウザーは月曜日に、発生に備えるための非常事態宣言を発表し、11月に提起された首都の屋内マスクの義務を復活させると述べた。

マスクマンデートは火曜日の午前6時に導入されます。 M.そしてそれは1月31日の午前6時まで有効です。 M。

。モダナは、COVIDブースターがオミクロンに対して有効性を示すと言います

Source#モダナはCOVIDブースターがオミクロンに対して有効性を示すと言います

Leave a Comment