ミトマが今シーズンの4番目のゴールを決め、伊藤がシュトゥットガルトに口座を開設

日本のウィンガー、三笘薫は金曜日、ベルギーのトップフライトでロイヤルユニオンサンギロワーズがルーヴェンに3-1で敗れ、シーズン4ゴールを決めました。伊藤洋輝はドイツのシュトゥットガルトで初得点を挙げました。

11月16日のワールドカップ予選オマーン戦で日本のシニアチームのデビューを手伝ったミトマは、ハーフタイムでホームチームを2-0で下し、5分後にホームチームと一緒に帰国した。センター。 左から。

三笘薫(左)2021年11月26日、ブリュッセルで行われたルーヴェンとのベルギーのトップフライトマッチでゴールを決めた後、デロワイヤルユニオンサンギロワーズが祝う。(京堂)

しかし、プロモートされたチームが6試合の連勝が終わったのを見て、サンギロワーズは後半の後半に別のことを認めました。 しかし、他の週末の試合に先んじてもう1試合をプレーしたことで、彼らは依然として7ポイント差でテーブルをリードしています。

ミトマは、夏にJリーグチャンピオンの川崎フロンターレから英国プレミアリーグのチームに加わった後、ブライトンから1シーズン貸し出されています。

ドイツのブンデスリーガでは、ディフェンダーの伊藤がマインツに2対1でホームで勝利し、シュトゥットガルトの最初のゴールを決めました。

伊藤は、J2ジュビロ磐田から今季出場中、21分にオレル・マンガラがブレイクした後、右足が弱くなったものの、ボックス内とファーポストからシュートを放った。

シュトゥットガルトが13試合で今季3度目のリーグ優勝を宣言した22歳の選手は、日本のMF遠藤航と一緒に試合全体をプレーした。

。ミトマが今シーズンの4番目のゴールを決め、伊藤がシュトゥットガルトに口座を開設

Source#ミトマが今シーズンの4番目のゴールを決め伊藤がシュトゥットガルトに口座を開設

Leave a Comment