ホンダはEVの次の大きなものを追っている:全固体電池

本田技研工業は、日本の同業他社と同様に、電気自動車の採用が遅れている可能性がありますが、自動車メーカーは、特にEVバッテリーに関しては、成長する市場で優位に立つために大きな賭けをしました.

ホンダが韓国のバッテリーメーカーである LG Energy Solution と提携して米国に 44 億ドルの EV バッテリー工場を建設したという月曜日の発表は、この分野における自動車メーカーの最初の動きではありませんでした。 同社は 430 億円 (3 億 1000 万ドル) を費やして、全固体電池を生産するパイロット生産ラインを立ち上げ、次世代技術に全面的に取り組んでいることを実証します。

このラインは、東京北部の​​佐倉にあるホンダの研究センターで 2024 年春に開始されます。 このプロジェクトでは、パフォーマンスと大量生産に関する技術的な問題を評価します。

ホンダは、独自開発の全固体電池を搭載した電気自動車を2010年代後半に発売することを目標に掲げています。 バッテリーはオートバイの動力にも使用されます。

ホンダの専務執行役員で電動化戦略を担当する青山真治氏は「自社で研究・開発した次世代電池技術を量産できるよう、自社生産とコスト構造を十分に見極めたい」と語った。

液体電解質を固体電解質に置き換える全固体電池は、リチウムイオン電池に取って代わると期待されています。 バッテリーはエネルギーの貯蔵に優れているため、1 回の充電で EV の走行距離が伸びます。 全固体電池は、火災の危険性が低いため、より安全であるとも考えられています。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ホンダはEVの次の大きなものを追っている:全固体電池
Source#ホンダはEVの次の大きなものを追っている全固体電池

Leave a Comment