ホンダ、今年は日没に向けて20台のオートバイに乗る仲間

本田技研工業と日本のライバル3社は、今年の終わりまでに約20のオートバイモデルを廃止する予定であると、日経は、秋に日本で実施される厳しい排出基準に対応して学んだ。

引退したバイクは、ホンダ、ヤマハモーター、スズキモーター、川崎重工業から入手可能な約190モデルの10%を占めています。

今後、企業は電気にシフトします。 ホンダは2040年代までに全ラインナップを電動化する。 ヤマハは2050年までに新車の90%をプラグインにする予定です。

世界最大の二輪車会社であるホンダは、80モデルのうち約10モデルをリコールする。 影響を受けたバイクには、1990年代からベストセラーとなっている中型バイクであるCB400スーパーフォーなどの人気モデルが含まれます。

また、ホンダのチョッピングブロックには、フルサイズのゴールドウイングシリーズのモデルと、配達サービス用に作られたベンリースクーターがあります。

ヤマハは、主力のFJR1300シリーズのツアラーから2モデルの販売を停止します。 スズキは10月までに生産ラインから中型GSX250Rを含む約20モデルのうち少なくとも5モデルを引き出す予定です。

川崎重工業の子会社である川崎重工業は、昨年、フルサイズの二輪車の納入を停止した。

日本は2020年末に、新しいモデルに適用されるより厳しい排出基準を採用しました。 この基準は、11月に既存のすべてのモデルに適用されます。

この規則は、2020年1月に導入された欧州連合のユーロ5法をモデルにしています。これは、窒素酸化物の排出量を最大33%削減することを義務付けています。


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ホンダ、今年は日没に向けて20台のオートバイに乗る仲間
Source#ホンダ今年は日没に向けて20台のオートバイに乗る仲間

Leave a Comment