ペロシ氏、台湾総統、議員らと会談

ソウル、韓国 – 米国下院議長のナンシー・ペロシは水曜日、議員の代表団が台湾を訪問していると述べた.

ペロシ氏は「米国と台湾の連帯はこれまで以上に重要であり、それがわれわれが今日ここに伝えているメッセージだ」と述べた。

彼女は、国内の半導体生産を促進し、米国企業が中国と競争するのを支援することを目的とした、新たに可決された米国の法案を強調しました。 ペロシ氏は台湾議会で、この法案は「米台経済協力の大きな機会を提供する」と語った。

中国は、ペロシ氏の訪問に強い反対を表明し、自治領であるペロシ島に対する主権に対する容認できない違反になると警告した。

ペロシが火曜日遅くに到着した直後、中国は米国大使を召喚し、台湾海峡での「長距離実弾射撃」を含む、台湾の近くでの実弾軍事演習を発表した.

北京は水曜日に、台湾からの果物と魚の輸入にも制限を課した。

より明確な米国のサポート

台湾と中国は 1949 年に内戦の後に分裂し、敗れた民族主義勢力は台湾に逃れ、政府を樹立しました。この政府は後に活気に満ちた民主主義国家へと成長しました。

それ以来、中国共産党は、島が共産党によって支配されたことがないにもかかわらず、必要に応じて武力を行使して台湾を占領することを誓った.

米国は、1979 年に外交上の承認を中国に切り替えたときに、正式に台湾との公式関係を断ち切りました。 しかし、米国は台湾との非公式な関係を維持し続け、米国議会の命令に従って防衛兵器を台湾に供給した.

何十年もの間、そのバランスをとる行為は海峡両岸の平和を維持するのに役立ったが、近年、中国の指導者たちは、ワシントンが台湾へのより明確な支持にシフトしている可能性があることを懸念している.

ジョー・バイデン大統領は、中国が台湾に侵攻した場合、米国は軍事的に台湾を防衛すると 3 回にわたって示唆した。

2022 年 5 月 23 日、東京の赤坂離宮で行われた岸田文夫首相との記者会見で演説するジョー・バイデン米大統領。

バイデン氏は、中国が侵略した場合、米国は台湾を守ると言います

米当局者は政策に変更があったことを否定しているが、バイデン氏のコメントは、台湾の防衛に関して慎重に調整された「戦略的曖昧さ」を維持した多くの前任者のコメントとは異なっていた.

国際危機グループの台湾を拠点とする上級アナリスト、アマンダ・シャオ氏によると、この文脈では、ペロシ氏の訪問は中国にとってより懸念されるように見える。

「訪問が成功すれば、中国は力強く対応するつもりだという非常に明確なメッセージが北京から出ているのを見てきました。そして、これらの信号は非常に真剣に受け止められるべきだと思います」とシャオ氏はVOAに語った。

シャオは、ペロシの訪問中および訪問後に、台湾周辺での中国の軍事活動が「大幅に増加する」と予想している。 ここ数カ月、中国はすでに台湾の防空識別圏周辺で記録的な数の戦闘機を飛ばしている。

中国:より大胆に、よりパワフルに

これは、ニュート・ギングリッチ元下院議長が議会代表団を率いて台湾に行った1997年以来、最高レベルの米国の台湾訪問です。

VOA のマンダリン サービスとのインタビューで、ギングリッチ氏はペロシ氏の訪問への支持を表明したが、それは米中関係への「苛立ち」にしかならないと述べた。 「これはあるレベルでは、何もないことについての多くの騒ぎだと思います」とギングリッチは言いました。

2022 年 8 月 3 日、ペロシ氏がアジア歴訪の一環として台湾に到着した後、香港の米国領事館の外で行われた抗議活動で、米国下院議長のナンシー ペロシ氏を描いた画像にスタンプを押す親北京の抗議者。 2022 年 8 月 3 日、ペロシ氏がアジア歴訪の一環として台湾に到着した後、香港の米国領事館の外で行われた抗議活動で、米国下院議長のナンシー ペロシ氏を描いた画像にスタンプを押す親北京の抗議者。

しかし、多くのアナリストは、ギングリッチが訪問した1990年代後半以降、中国はより強力で大胆になったと警告している。

「私たちが今扱っている中国は、 [President] 習近平はより積極的で、より野心的で、より懸念していると思います。

もう 1 つの要因は、次の共産党大会で、Xi が中国の最高指導者として論争の的となる 3 期目を確保することが期待されていることです。 しかし、会談が中国の対応にどう影響するかは不明だ。

「彼らは、この重要な移行期を迎​​えている間も、比較的安定した外部環境を好むだろう」とシャオ氏は述べた。 「しかし一方で、第20回党大会の前夜であるため、指導部は利用されないことを示すよう圧力を受けている.」

.ペロシ氏、台湾総統、議員らと会談
Source#ペロシ氏台湾総統議員らと会談

Leave a Comment