ベトナムのインターンが日本北部で知人を殺害したとして逮捕された

ベトナムの技術研修生が、北海道の同胞を殺害した疑いで月曜日に逮捕された、と警察は語った。

警察によると、旭川市の建設作業員であるグエン・ゴック・トゥン氏は、北海道旅客鉄道の旭川駅で、技術インターンでもあるタン・ヴァン・ギア氏を殺害したことを認めた。

桐さん(24)は、日曜日の午後4時40分ごろ、首や体の他の部分をナイフで数回刺したとされている。


関連する報道:

政府は暴行事件の後に外国人研修生を受け入れることを会社に禁止していません

日本のベトナム人研修生が2年間の虐待について謝罪を要求


警察は、目撃者が刺し傷の前に2人が喧嘩していると述べたと述べた。

警察は、彼がタクシーで現場から逃げ出した後、約3時間後に桐を拘留した。

タクシー会社によると、容疑者はタクシー運転手に壊れた日本語で住所を伝え、緊張しているようだった。

タクシーを降りた後、運転手は桐が近くのアパートのビンに物を投げ込むのを見た。

日本は、知識と技能を開発途上国に移転することを目的として、1993年に技術インターンシッププログラムを設立しました。

。ベトナムのインターンが日本北部で知人を殺害したとして逮捕された
Source#ベトナムのインターンが日本北部で知人を殺害したとして逮捕された

Leave a Comment