ベインキャピタルが日本のアパレル企業マッシュを14億ドルで買収

東京11月16日(日経) – 米国のベイン・キャピタルは、日本のファッション業界で最大級の未公開株取引となる約2000億円(14億ドル)で、日本の衣料品メーカーのマッシュ・ホールディングスを買収する予定である、と日経は知った。

情報筋によると、ベインはそのリソースを使用して、東京に本拠を置く会社が海外に拡大し、経営を改善するのを支援し、株式公開を目標にしています。

1998年創業、ジェラートピケブランドのパジャマなどは若者に人気。 同社はまた、女性用カジュアルウェアのスナイデルや、天然素材を使用した化粧品ラインであるコスメキッチンなどの他のブランドも持っています.

この取引の高い評価額は、COVID-19 パンデミックの間、人々が家にいたため、Mash のカジュアルウェアの売り上げが好調だったことを反映しています。 生活が少しずつ元に戻りつつある中、同社は今後の成長を支えるために米国ファンドの助けを借りて海外展開を期待している。 …読み続けます


事業ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ベインキャピタルが日本のアパレル企業マッシュを14億ドルで買収

Source#ベインキャピタルが日本のアパレル企業マッシュを14億ドルで買収

Leave a Comment