プレイメーカー鎌田がドリームワールドカップデビューを追求

20歳でサガン鳥栖をドイツのクラブアイントラハトフランクフルトと交換した後、鎌田大地はクラブと日本代表の両方で身長を伸ばしました。

ゴールを狙うシルキーなプレイメーカーである愛媛県出身の愛媛県出身者は、2022年のワールドカップが12か月でカタールに到着し、見逃せないステージであることを知って26歳になります。

「幼い頃から2つの夢があった。(ヨーロッパの)チャンピオンズリーグとワールドカップでプレーすることだ。そして、それらのステージには行きたくないが、プレーして行動することだ」と彼は共同通信に最近語った。

ファイルの写真は、2022年10月にジェッダで行われたサウジアラビアとのグループBサッカーの試合で、2022年ワールドカップのアジア予選グループステージの最終ラウンドで活躍した日本の鎌田大地を示しています。(京堂)

昨シーズンのリーグの後半の崩壊により、フランクフルトはチャンピオンズリーグでの順位を一点も逃しました。つまり、鎌田は世界での評判が高まっているにもかかわらず、まだ世界トップのクラブ大会を経験していません。

アドルフ・ヒュッター監督の夏の出発後のこの時期の彼のクラブのさりげない形は、鎌田のリーグスタートを減らしました。つまり、来年の日本とのワールドカップへの到達は、チャンピオンズリーグのアクションを試みる前に来る可能性があります。

しかし、森保一の男子は最初に予選を通過する必要があり、これまでの彼の最後の予選キャンペーンは、6試合で2敗と理想からは程遠いものでした。

鎌田は、日本がオマーンに敗れたことと、サウジアラビアから離れた試合で空包を放ち、ラインナップの変更により、彼の第10の役割が失われ、ベンチのスポットに彼を任せました。

「予選最終戦までプレッシャーはあまり感じなかった。なんとか勝てると思った」と語った。 「でも、壁に背を向けてとても気持ちがいいです。」

「アジアからのワールドカップ決勝に到達するために、家にいる人々はそれを当然のことと思っています。実際、それはかなり難しいですが、私たちはそれを日常的にしなければなりません。」

鎌田は難しいステージでも見知らぬ人ではありません。 フランクフルトでの彼のスティントは、2017年の夏に引っ越した後、良いスタートを切ることができませんでした。この若者は、ベルギーのシントトロイデンで1年貸し出された後、ようやく跳ね返る前に、最初の1年はほとんどプレー時間がありませんでした。

「ヨーロッパでの最初の年はうまくいきませんでしたが、日本に戻ることは選択肢ではありませんでした」と彼は言いました。 「 『ヨーロッパに行けないならサッカーをやめる』と言った時があり、その決意で遊んでいた」と語った。

「最初にヨーロッパに行ったとき、他の選手の体格がどれだけ大きいか驚いたが、もう考えていない。今は普通だと感じているのは他の選手には当てはまらないようだ。それ以来、私は変わった。ヨーロッパに引っ越した人。」

彼はまた、彼が最も後押しを必要としたときに、ティーンエイジャーとして彼を励ましてくれた両親に感謝しています。

「私は何度もサッカーを離れることを考えたが、彼らは私を説得し、それは私が続けることを可能にした」と彼は言った。 「私がプロになり、大学に傾倒することを考えていたとき、彼らは私にプロになるように言いました、そしてそれが私を今日の私にした理由です。」

世界中の多くの人と同じように、過去のワールドカップの彼の記憶には、歴史的な権力の衝突と彼の母国に関するものの両方が含まれています。

アイントラハトフランクフルトのフォワード、鎌田大地(R)は、2021年2月14日(京都)にフランクフルトのドイチェバンクパークで行われたドイツの第1部戦で、FCケルンのMFエリススキリと対戦します。

「2014年のワールドカップを主催したとき、ブラジルはドイツに多くの敗北を喫したことを覚えています」と鎌田氏は語った。 「日本にとっては、2010年(南アフリカ)になるだろう。本田圭佑の(デンマークに対する)フリーキックは素晴らしかった。」

鎌田の功績がホンダと同じように他人の記憶に残るかどうかは、時が経てばわかるだろう。 鎌田は現在、ホンダの元クラブであるミラノと関係があり、歴史書で彼のロールモデルに参加する機会を得るためには、現在の困難を克服する必要があることを知っています。

「クラブで良い結果が出て、物事が順調に進んでいれば、日本が私たちのチームでアジアで負けることはありません。それは確かです」と鎌田は語った。

「良いクラブでプレーすれば、選手は間違いなく代表チームに入ることができます。クラブのパフォーマンスがすべてです。J1のトースには代表チームのメンバーが1人か2人いましたが、現在のチームにも約15人います。私が他のインターナショナルと定期的な場所を争うのは普通のことです。」

鎌田が自分の形を見つけるのが早ければ早いほど、ゴールと攻撃スタイルを切望する日本にとってより良い。

「ワールドカップは4年ごとに開催されるだけで、サッカーのキャリアで達成できることではありません」と彼は言いました。 「次のものも年齢の面で私にとって最高です。」


関連する報道:

サッカー:アーセナルに大勝したリバプールのゴールで南野拓実

サッカー:ティムケーヒルは記念碑的なワールドカップを切望し、日本とのライバル関係を想起します

サッカー:元日本とレスターのMF阿部勇樹が引退



。プレイメーカー鎌田がドリームワールドカップデビューを追求

Source#プレイメーカー鎌田がドリームワールドカップデビューを追求

Leave a Comment