ブースターとしてModernaワクチンを承認する日本

日本の厚生労働省は、3回目の注射に現代のCOVIDワクチンを使用することを承認する準備ができています。 国はすでにブースター用量としてファイザーワクチンの投与を開始しています。

同省の専門家委員会は水曜日、モデルナワクチンを18歳以上の国の人々に3回目の接種として与えることができることに同意した。 省はまもなく青信号を出すでしょう。

米国でModernaが実施した臨床試験によると、省当局者は、3回目の投与量は以前の注射の半分になると述べています。 彼によると、この試験では、3回目の投与から1か月後の中和抗体のレベルが、2回目の注射から1か月後のレベルよりも約70%高いことがわかりました。

Modernaブースターワクチンは、2回目の投与から6か月後に投与できます。

同省は、Modernaワクチンの少なくとも9,750万回分が来年6月まで利用可能になると予想されていると述べています。 3月から始まる職場の予防接種プログラムだけでなく、医療機関や大規模な予防接種サイトでも、Modernaの用量を使用する予定です。

同省は、医療機関での予防接種プログラムのためにファイザーワクチンを地方自治体に配布しました。 しかし、ファイザーワクチンの供給の見通しが不透明であるため、以前の注射でそれを受け取った人々は、モデルナワクチンを受け取る可能性があります。

新しいコロナワクチンの3回目の接種について、厚生労働省の評議会は、Modernaワクチンの新しい使用を承認しました。 –ANNnewsCH







ブースターとしてModernaワクチンを承認する日本

Source#ブースターとしてModernaワクチンを承認する日本

Leave a Comment