フロンターレはアントラーズに勝ってチャンピオンシップフォームを示し始めます

2度のディフェンディングJリーグチャンピオンである川崎フロンターレは、土曜日に鹿島アントラーズで2-0で勝利し、若いシーズンで最も説得力のある努力をしました。

知念慶と佐々木あさひの序盤のゴールで茨城県立カシマスタジアムの運転席に座り、後半のヒヤリハットを乗り越え、2勝2敗に終わった。

川崎フロンターレの知念慶は、2022年2月26日、茨城県立カシマスタジアムで行われた鹿島アントラーズとのJリーグサッカーの試合の前半で得点を挙げた。(京堂)

チネンはアントラーズに守備のミスを迫り、それを利用して2分に得点を挙げた。

フロンターレは、ミッドフィールダーの樋口雄太にペナルティエリアへのパスバックを促し、関川郁馬を守った。 チネンはスピンして関川と対戦し、ディフェンダーの不注意なパスを奪い、彼を丸めて、今シーズンの2番目のゴールのためにホームに放った。

貧弱なパスは、苦しんでいるアントラーズを防ぎ、フロンターレカウンターの扉を開いている間、彼らが早期の所有をスコアリングの機会に変えることを防ぎます。

佐々木は2-0でゴールを決めた。22歳のディフェンダーは、17分のコーナーが遠いポストで彼の方向に向かったとき、彼の最初のキャリアゴールを決めた。

「実際には、私は常にそのような機会を探しています。そして、私が得点するならば、それが起こるだろうと思いました」と佐々木は言いました。 「ヘッダーが見当たらず、私に来て、私はできる限りそれを打ちました。」

Antlersは、後半に訪問者をテストするというはるかに優れた仕事をしました。 フロンターレのディフェンスが最初の45分間に示した鋭さを欠いていたため、樋口は早い段階でバーをかすめた。

フロンターレはFC東京を1-0で下し、ホームでの勝利でシーズンをスタートさせたが、水曜日に横浜F・マリノスに4-2で敗れた。

土曜日の他の場所では、中山克広の67分のゴールが清水エスパルスの昇格したジュビロ磐田での2-1の勝利で静岡ダービーを解決し、福田湧矢が83分の勝者を獲得し、ガンバ大阪が浦和レッズで1-0で勝利した。

プロモートされた京都サンガはセレッソ大阪を1-1で下し、無敗を維持しました。一方、コンサドーレ札幌のサンフレッチェ広島とサガン鳥栖の湘南ベルマーレはすべて同じスコアでフィニッシュしました。 アビスパ福岡はヴィッセル神戸で無得点の引き分けに出場した。

。フロンターレはアントラーズに勝ってチャンピオンシップフォームを示し始めます
Source#フロンターレはアントラーズに勝ってチャンピオンシップフォームを示し始めます

Leave a Comment