フランスはポーランドでの攻撃の起源について「最大限の注意」を呼びかける

フランスは水曜日、NATO加盟国のポーランドに対する致命的なミサイル攻撃の発生源について「最大限の警戒」を呼びかけ、地域の多くの国が同様の兵器を保有していると述べた。 最新の開発状況については、FRANCE 24 ライブ ブログをフォローしてください。 時間はすべてパリ時間 (GMT+1) です。

午前6時42分: ブリンケン、ポーランドとウクライナの外相にミサイル攻撃を呼びかける

アントニー・ブリンケン米国務長官は、ポーランドでの致命的なミサイル攻撃の後、水曜日にポーランドとウクライナの対応者に電話をかけ、「適切な次のステップを決定する」間、調整を約束した。

ブリンケン氏は、2020年サミットの傍らでジョー・バイデン米大統領が同盟国と会談した際、ツイートで「調査が進行し、適切な次のステップを決定するため、今後数日間緊密に連携することを約束する」と述べた。爆発。

午前6時42分: バイデン、スナク、ウクライナの民間人に対するロシアの爆撃を「野蛮」と呼ぶ

米国のジョー・バイデン大統領と英国のリシ・スナク大統領は、水曜日にバリで開催された G20 サミットでのロシアのウラジーミル・プーチン大統領のウクライナの民間人に対する攻撃を「野蛮」と呼んだ。

「ここバリの世界の指導者たちが世界平和を推進しようとしているとき、プーチン大統領は民間人の標的、つまり子供や女性を攻撃しています。 つまり、それはほとんど私の言葉であり、彼の野蛮ではありません」とバイデンはスナックとの会談で語った.

英国の首相は就任後初めてバイデン氏と会談し、「野蛮な彼の言葉に同意する」と述べた。

彼らは、ミサイルがウクライナから国境を越えてポーランド内に命中したとき、2 人が死亡したことで緊張が高まったときに話していました。

午前6時40分:フランスは、ポーランドの攻撃の起源について「最大限の注意」を促す

フランスは水曜日、NATO加盟国のポーランドに対する致命的なミサイル攻撃の発生源について「最大限の警戒」を呼びかけ、地域の多くの国が同様の兵器を保有していると述べた。

フランスの大統領当局者は、「この問題に細心の注意を払って取り組むのは当然だ」と語った。

「ミサイルの種類を特定しても、その背後にいる人物を特定できるとは限らない」と当局者は述べ、「重大なエスカレーションのリスク」があると警告した。

「これは誤解を招きたくない問題だ」と当局者は付け加えた。

06:28am: インドネシアの指導者は、G20 会議参加国は「戦争を止めなければならない」と発言

インドネシアの指導者で G20 主要経済国の議長である Joko Widodo 氏は水曜日、G20 サミット中の会合での開会の辞で、各国は「戦争を止めなければならない」と述べた。

彼のコメントは、ウクライナでの戦争の経済的影響と、ポーランドとウクライナの国境近くでの爆発についての懸念についての議論の中で出てきた.

午前4時34分:ポーランドはNATO第4条を発動する可能性が高く、国連とともにミサイル爆発を起こす可能性がある

ポーランドは、ロシア製とされるミサイルがウクライナ国境近くのポーランドの領土を攻撃した後、NATO第4条の協議を要請する可能性が高く、国連安保理会議で問題を提起する可能性が高い.

国境から 6 km (3.5 マイル) 離れた町での爆発で 2 人が死亡し、ポーランドのアンジェイ ドゥダ大統領は、ポーランドには誰がミサイルを発射したかを示す決定的な証拠はないと述べた。

午前3時52分:国連事務総長がウクライナでの紛争の激化に対して警告

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は水曜日の早朝、「ポーランド領土でのミサイル爆発の報告に非常に懸念している」とツイートした。

国連事務総長は、「ウクライナでの戦争の激化を避けることは絶対に不可欠だ」と付け加えた。

午前3時30分:ポーランドでの爆発はロシアから発射されたミサイルではないかもしれない、とバイデンは言う

米国とそのNATO同盟国は、ポーランドで2人が死亡した爆発を調査していますが、予備的な情報は、ロシアから発射されたミサイルによって引き起こされたものではない可能性があることを示唆しています.

バイデン氏は、世界の指導者がインドネシアのバリで開催されたG20会議のために集まった後、ウクライナとポーランド当局がロシア製のミサイルによって引き起こされたと言うポーランドでの致命的な爆発の後、水曜日に緊急会議を開いた.

バイデン氏は、ミサイルがロシアから発射されたと言うのは時期尚早かと問われると、「それを反証する予備情報がある。完全に調査するまでは言いたくないが、軌道に沿っている可能性は低い.ロシアから発射されたものですが、様子を見てみます。」

米国とNATO諸国は、行動する前に徹底的に調査するだろう、と彼は付け加えた。

午前 1 時 15 分: ポーランドでのミサイル攻撃を受けて、G7 首脳が緊急サミットを開催、共同通信社が報じた

共同通信は、日本政府筋の情報として、ポーランドでのミサイル攻撃を受けて、G7 の首脳が水曜日に緊急首脳会議を開催すると述べた。

報道によると、同日に予定されていた日英会談は中止された。

12:57 am: 誰がミサイルを発射したかについての具体的な証拠はない、とポーランドのドゥダは言う

ポーランドは、ウクライナ国境近くの町で爆発を引き起こしたミサイルを誰が発射したかを示す具体的な証拠はないと、大統領は水曜日に述べた。

「誰がこのミサイルを発射したかについて、現時点で決定的な証拠はありません…おそらくロシア製のミサイルでしたが、現時点ではすべてまだ調査中です」とAndrzej Dudaは記者団に語った。

午前12時38分:ポーランドは空域の監視を強化すると首相は言う

ポーランドは空域の監視を強化することを決定した、とマテウシュ・モラヴィエツキ首相は水曜日に述べ、ポーランドがNATO軍事同盟条約の第4条に基づいて協議を要請することを検討していることを確認した。

12:04 am: バイデンは爆発の調査でポーランドに米国の全面的な支援を申し出る

ホワイトハウスによると、ジョー・バイデン大統領は、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領に対し、ウクライナ国境近くで2人が死亡した爆発事件に対する同国の調査に対する米国の全面的な支援を申し出た.

ホワイトハウスは、「バイデン大統領は、ポーランドの調査のために米国の全面的な支持と支援を申し出た」と述べた.

NATO同盟国は、爆発がロシアの迷走ミサイルによって引き起こされたという未確認の報告を調査している.

12:02am: 英国、ポーランドへのミサイル着陸の報告を「緊急に」調査

英国のリシ・スナク首相は火曜日のツイートで、彼の国はポーランドでのミサイル攻撃の報告を緊急に調査しており、何が起こったのかを明らかにするために同盟国を支持すると述べた.

「我々はまた、NATO を含む国際的なパートナーとも調整している」と Sunak は述べた。

(FRANCE 24 with AFP, AP and REUTERS)

France24に最初に投稿された

フランスはポーランドでの攻撃の起源について「最大限の注意」を呼びかける

Source#フランスはポーランドでの攻撃の起源について最大限の注意を呼びかける

Leave a Comment