フランスが日本で「親の誘拐」の逮捕状を発行

フランス当局は、日本での「親の誘拐」に関する議論を再燃させた事件で、2人の子供が父親から引き離された日本人女性に対して逮捕状を発行しました。

子供のフランス人の父親、日本を拠点とするヴィンセント・フィコットは、2018年に母親に誘拐されたと彼が言う息子と娘との接触を再確立しようとしたことで国際的な注目を集めました。

問題とフィコットに近い筋によると、フランス当局は、両親による誘拐と未成年者の危険を冒した罪で国際命令を出した。

日本の法律には、親が別居する場合の共同親権の規定は含まれておらず、当局は、一方の親が他方の子供へのアクセスを拒否した場合に目をつぶったとして長い間非難されてきました。

ハンスト

フィコット氏は今年初めの東京オリンピックで3週間のハンガーストライキを行い、彼の事件に注目を集め、同様の立場で外国人と日本人の両親から支援を受けたと語った。

「誘拐された」子供たちのための東京でのフランスのハンガーストライキが第3週に入る

Fichotの妻の弁護士は、この命令についてコメントすることを拒否した。

「離婚手続きは進行中である。私たちは法廷外で戦うことを望んでいない」と彼はフランスの通信社AFPに語った。

公式の数字はありませんが、人権団体は、日本では毎年約15万人の未成年者が親から強制的に引き離されていると推定しています。

Fichot事件は、オリンピックのために国を訪問した際に、フランスのエマニュエルマクロン大統領によって日本の当局者によって提起されました。

Fichotはまた、国連の権利団体にこの問題について日本に対して苦情を申し立てる際に他の親に加わった。

もともとRFIに投稿されました

。フランスが日本で「親の誘拐」の逮捕状を発行

Source#フランスが日本で親の誘拐の逮捕状を発行

Leave a Comment