ヒロシマ攻撃記念日に、生存者が歴史の教訓を分かち合う

[1945年8月6日、米国が世界初の原子爆弾を日本の広島市に投下したとき、山田玲子は11歳でした。現在88歳の彼女は、約14万人が死亡した恐ろしい攻撃の数少ない生存者の1人であり、歴史の教訓を伝えようと決意しています。しかし、山田さんや他の生存者は、自分たちの声が聞こえていないことを恐れています。爆撃の77周年に、FRANCE24は攻撃の生存者について報告します。

世界初の原爆投下から 77 年を迎えた広島では、土曜日に鐘が鳴らされました。

国連のアントニオ・グテレス事務総長は、爆撃の記念日を祝うために市の中心部にある平和公園に詰めかけた数千人に加わった.

「核兵器はばかげている。安全を保証するものではなく、死と破壊だけを保証するものだ」とグテーレスは述べた。

「それから 4 分の 3 世紀が経った今、1945 年にこの街の上空に立ち上ったきのこ雲から何を学んだかを問う必要があります。」

[1945年8月6日、米国が世界初の原子爆弾を広島に投下したとき、山田礼子は11歳でした。彼女の学校は攻撃の震源地からわずか26kmの場所にありました。

少女は飛行機と閃光を見たが、何も見えなかった。 木が彼女の上に倒れましたが、彼女は生き残り、家族を見つけました。 今日、彼女はあの運命の日のつらい思い出を生き続けようと決心しています。

上のビデオ プレーヤーをクリックして、FRANCE 24 のレポートをご覧ください。

France24 で最初に公開された

.ヒロシマ攻撃記念日に、生存者が歴史の教訓を分かち合う
Source#ヒロシマ攻撃記念日に生存者が歴史の教訓を分かち合う

Leave a Comment