パンデミックのなかで、日本の大学卒業生の就職率は2年目で低下

政府のデータによると、今年3月に日本の大学を卒業した人の合計74.2%が就職し、コロナウイルスの大流行の中で2年連続の秋に前年より3.5ポイント減少しました。

先週の文部省のデータによると、就職した大学卒業生の数は432,790人に減少し、ある関係者は、COVID-19の蔓延により一部のセクターで欠員が減少したと述べた。

一方、大学院を継続する人の数は約4,000人から68,776人(全体の11.8%)に増加し、56,228人(9.6%)は就職も卒業も継続せず、約15,000人多い。年。 前。

関係者は、より多くの卒業生が困難な労働条件の中で学校にとどまるほうがよいと明らかに信じていると言った。

日本のほとんどの教育機関や企業にとって、学年度は4月に始まります。

就職した人のうち、411,802人が常用雇用を受け入れ、前年より約16,000人少なくなっています。 データによると、有期契約が1年以上の人は、常勤の人と比べて2,500人から15,947人の間で増加した。

パンデミックが国内消費に影響を及ぼし、事業活動を制限しているため、多くの企業が新規採用を遅らせています。

https://www.youtube.com/watch?v=k8ghY7rqNh4







パンデミックのなかで、日本の大学卒業生の就職率は2年目で低下

Source#パンデミックのなかで日本の大学卒業生の就職率は2年目で低下

Leave a Comment