パナソニックは、インターネットに接続された自動車用のサイバーセキュリティシステムを開発しています

パナソニックは、インターネットを介してさまざまなサービスを提供する車両が増える中、自動車メーカーがサイバー攻撃を防ぐために開発したセキュリティシステムの導入を目指しています。

日本の電子コングロマリットによると、新しいシステムでは、インターネットに接続された自動車にソフトウェアがインストールされ、パナソニックの異常を検出し、専用機器が24時間体制で自動車を監視します。

10月下旬、パナソニックはサイバー攻撃の例と、東京に設置された模擬監視センターでサイバー攻撃がどのように検出されるかを示しました。 大阪のデモカーが実験的な遠隔攻撃に見舞われると、車のハンドルがすばやく180度回転し、東京で警告音が鳴りました。

パナソニックの関係者が、2021年10月22日(京都府)に東京の模擬監視センターで、インターネットに接続された自動車に対するサイバー攻撃を監視するための同社のセキュリティシステムについて語った。

「運転中にコンピューターを制御すると、致命的な事故が発生します。実際には、異常をはるかに早い段階で検出する必要があります」と同社の関係者は述べ、同社のシステムはまさにそれを実行できると付け加えた。

チームは、情報の収集と自動車システムの近代化に協力することが期待されています。 パナソニックによると、インストールされているソフトウェアは、外部からの攻撃を防ぐために、必要に応じてリモートで更新できます。

監視センターは、国​​内外の自動車を一元管理できるようになると同社は語った。

調査会社の富士経済グループによると、インターネットに接続された自動車の数は着実に増加し、2019年の34%から2035年に世界で販売された全乗用車の80%を占めると予想されています。

日本政府もサイバー攻撃への対策を強化しています。 来年7月から販売されるワイヤレスでアップグレード可能な運転制御システムを搭載した車は、国土交通省によるチェックを受ける必要があります。

同省によると、評価基準には、自動車メーカーがサイバーセキュリティを管理し、それに応じてソフトウェアアップデートを提供するシステムを確保しているかどうかが含まれます。

パナソニックの関係者は、同社はIT企業と協力し、「このシステムを業界標準にする」と語った。

。パナソニックは、インターネットに接続された自動車用のサイバーセキュリティシステムを開発しています

Source#パナソニックはインターネットに接続された自動車用のサイバーセキュリティシステムを開発しています

Leave a Comment