ハロウィンクラッシュ死亡事故の父が日本を出て韓国へ

ソウルでの致命的なハロウィーンクラッシュで殺された2人の日本人犠牲者の1人である富川芽衣の父親は、月曜日に韓国に向けて日本を離れ、26歳の娘にもう一度会いたいと興奮して記者団に語った. . できるだけ。”

北海道の地方議会議員である富川歩さんは、出発前に根室​​の自宅の外で記者団に、6月からソウルで韓国語を勉強しており、両国に関連する仕事を探していると語った。

2022 年 10 月 31 日、北海道根室市で記者会見し、涙を流す富川芽生さんの父、富川歩夢さん。

土曜の夜に発生した事故は、韓国で約 10 年間で最も死亡率の高い事故であり、人気の居住区である梨泰院地区のハロウィーンのお祭りの最中に、狭く傾斜した路地で発生しました。 韓国当局によると、この事件で少なくとも154人が死亡し、約150人が負傷した。

韓国の警察は、監視カメラが撮影したスタンピードの画像とソーシャルメディアプラットフォームにアップロードされたビデオを分析して、悲劇の原因に関する手がかりを見つけることを期待しています. 月曜日、韓国政府は、死者のうち6人が中学生と高校生であると発表した。

日本人被害者の父親によると、彼女は韓国での勉強を楽しんでおり、ソウルで勉強している他の留学生と友達になった. 彼が最後に娘に連絡したのは、土曜日の午後 7 時頃で、彼女はフランス人の友人と付き合っていると言いました。

日曜日の朝、彼女は電話で連絡を取ることができず、何度か電話をかけた後、地元の警察官が彼の電話に出て、彼が衝突現場で見つかったと言いました.

その後、彼女の父親は日本の外務省に連絡し、娘の写真を送った. 同省は日曜日の午後5時ごろ、片思いの犠牲者の指紋が娘の指紋と一致したと語った.

「最後まで元気だと信じていた」と父親は語った。

メイさんのソウル在住の日本人の友人によると、メイさんは専門学校を卒業し、日本で約5年間働いた後、韓国語を勉強するために韓国に渡った。

「彼女は、韓国語の勉強が終わっても韓国に残りたいと言った」と友人は語った。

韓国政府によると、犠牲者154人のうち、26人はイラン、中国、ロシア、米国など14カ国の外国人だった。

2022 年 10 月 31 日、ソウルの梨泰院でハロウィーンのお祭りの最中に死亡者が殺到した現場の近くで祈る人。 (経堂)

韓国の情報筋によると、もう一人の日本人の犠牲者は韓国に留学したとみられる18歳の女性だった。

東京で、松野弘和官房長官は、日本政府は圧壊の犠牲者に深い哀悼の意を表すると述べた。

政府報道官は記者会見で、「政府は可能な限り支援する」と述べた。

地元メディアによると、この事故は、300 人以上が死亡した 2014 年のセウォル号沈没事故以来、韓国で最も致命的な事故であり、そのほとんどが高校生でした。

韓国のユン・ソクヨル大統領と彼の妻は月曜日、犠牲者の家族や関係者の追悼の場としてソウルの祭壇を訪れた. 土曜日までの1週間の全国的な服喪期間が宣言されました.

韓国のハン・ドクス首相は同日、政府に対し、「事故の原因を徹底的に調査し、このような悲劇が二度と起こらないように必要な政策を再検討するために可能な限りのことを行う」よう求めた.ニュース。


関連記事:

154人が死亡、133人が負傷したソウルのハロウィーンの群衆


ハロウィンクラッシュ死亡事故の父が日本を出て韓国へ

Source#ハロウィンクラッシュ死亡事故の父が日本を出て韓国へ

Leave a Comment