ニセコのホテルは予約が増えているが、外国人スタッフを雇うのに苦労している

日本政府は最近、海外からの観光客の入国制限を緩和することを決定したため、札幌近郊の千歳空港は再び訪問者を迎える準備をしています。 そして、西へ車で2時間半のところにある主要なウィンターリゾートであるニセコは、次のスキーシーズンに向けてさらに多くの予約を取っています。

いずれも順調に見えますが、北海道最北端の北海道の観光事業には、外国人スタッフの不足という明らかな弱点があります。

倶知安町とニセコ町にまたがるニセコリゾートは、北海道でも有数の海外旅行者が集まるリゾート地であり、外国人スタッフが言葉の壁を低くすることで、旅をより快適にしています。 ニセコは高級宿泊施設を提供しており、そのうちのいくつかは一泊10万円(740ドル)以上で利用できます。 2018年度は外国人観光客が2町に約68万泊しました。

倶知安観光協会によると、2022年11月から2023年5月までの6ヶ月間で、今年5月23日現在、2つの町の132戸のマンションが1,349件の予約を取り、外国人が予約の90%を占めている。 これは昨シーズンの4倍であり、3シーズン前に見られたレベルの60%強です。 この協会は、リバウンドがオーストラリアや他の場所からの予約の回復に起因すると考えています。

日本への毎日の到着の上限は2万に引き上げられました。 海外からの観光客は、当面、米国や中国を含む98の国と地域からのガイド付きツアーに限定されます。 制限は段階的に緩和される予定です。

2018年度は300万人以上の海外観光客が北海道を訪れ、地域経済を後押ししました。 しかし、倶知安での海外旅行者の宿泊は、COVID-19のパンデミックにより、2020年度は前年比95%減の20,925にとどまりました。 地元企業は、インバウンド観光の再開に期待を寄せています。

しかし、ニセコエリアのホテル運営者は決して陽気ではありません。 倶知安のホテル、ミルニセコの人事担当者によると、新入社員を募集しているが、語学力などの資格を持った志願者はなかなか見つからない。


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ニセコのホテルは予約が増えているが、外国人スタッフを雇うのに苦労している
Source#ニセコのホテルは予約が増えているが外国人スタッフを雇うのに苦労している

Leave a Comment