ドルは2017年3月以来の最高水準である115円に上昇

火曜日のアジア取引では、2017年3月以来の最高水準に達した米ドルは、米連邦準備制度理事会からの予想される利上げへの期待が高まり、115円の最低水準に上昇しました。ジェローム・パウエルが2期目の大統領に指名されました。中央。 銀行。

月曜日の午後5時にニューヨークで114.82-92円、東京で114.21-23円に達した後、ドルは上昇した。 東京市場は火曜日、祝日のため休業した。

円安により、輸出業者は海外に利益を還元すればより多くの収入を得ることができ、日本製の製品の海外での競争力を高めることができますが、国内のエネルギーや食品の価格が上昇し、家庭に圧力がかかる可能性があります。

日本の国内総生産の半分以上を占める個人消費が弱まると、COVID-19パンデミックからの景気回復のペースはほぼ確実に遅くなります。

シンガポールの三井住友銀行のエコノミスト、阿部亮太氏は、「米国は、予想よりも早く金融政策を正常化する可能性があり、ドルは来年初めまで115円の範囲内にとどまる可能性が高い」と述べた。

エネルギー需要の増加と産業活動の回復により原油価格も上昇し、日米などが埋蔵量からの石油放出を検討するようになりました。

三井住友DSアセットマネジメント株式会社のチーフマーケットストラテジストである市川正博氏は、「円安は企業の輸入コストを上昇させるが、日本経済への悪影響は現在のレベルに限定されるだろう」と述べた。

同氏はまた、「ドルの急騰は一時的なものであり、円安は見込まれない」と付け加えた。

。ドルは2017年3月以来の最高水準である115円に上昇

Source#ドルは2017年3月以来の最高水準である115円に上昇

Leave a Comment