ドミニカ人が大阪チャンネルでベトナム人の知人を殺害した罪で起訴-TokyoReporter

ブライアンアルベルトカブレラクルス

大阪(TR)-大阪府警察は、大阪市の水路でベトナム人の知人が死亡したとしてドミニカ共和国の市民を逮捕したとTBSニュースが報じた(8月6日)。

木曜日、警察は26歳のブライアンアルベルトカブレラクルスを殺人罪で起訴した。 「私は弁護士と話した後にのみ話をします」と警察はクルスが言ったと引用しました。

警察によると、クルス容疑者は、中央区の道頓堀運河の遊歩道沿いで、日曜日の午後8時20分ごろに水に落ちるまで、21歳の男性被害者を繰り返し襲撃した。

救急隊員が現場に到着し、ベトナム市民を水から引き上げました。 しかし、彼は後に病院で死亡していることが確認されました。 死因は溺死だった、と警察は以前に言った。

ドミニカ市民は、日曜日に道頓堀チャンネルに落ちるまで、男性の知人を暴行したとされています(Twitter)

西成で見つかりました

事件の前に、クルスと犠牲者は他の何人かの男性と一緒に遊歩道で飲んでいました。

ソーシャルメディアに投稿されたグラフィック画像では、手すりにしがみついている間、クルスと思われる男性が犠牲者の頭を蹴ったり踏みつけたりしているのが示されています。 彼が水に落ちるまで彼を殴り続けなさい。

事件の翌日、警察は大阪市西成区のビジネスホテルでクルスを発見した。 彼は当初、入国管理および難民認定法に違反した疑いで拘留されました。

ドミニカ人が大阪チャンネルでベトナム人の知人を殺害した罪で起訴-TokyoReporter

Source#ドミニカ人が大阪チャンネルでベトナム人の知人を殺害した罪で起訴TokyoReporter

Leave a Comment